王様と私


Img_4951  

初日に観てきました「王様と私」
その昔、ユル・ブリンナーとデボラ・カーの
ミュージカル映画を見て、なんて素晴らしい!
いつか舞台で見て観たいと
心に温めていた作品の一つです。
 

渡辺謙さんが王様を演じることにも
大変興味がありました。
以前NHKのドキュメンタリーで
彼の練習風景に密着した番組があり
そこで血を吐くような稽古をしながら
アメリカのスタッフとなかなか意思疎通が
うまくいかないジレンマと戦っている姿は
自分を追い込んでも追い込んでも足りない・・
そんな悲壮感が見えました。
 
 
そんな中、ついにブロードウェイの幕が開き
ある日仲代達矢さんがお一人で舞台を
観にいらしたそう。仲代さんは毎年のように
ブロードウェイでの舞台を観ることにされていて
謙さんの「王様と私」もご自分でチケットを買い
こっそりご覧になったそうです。
 
 
スタッフが気づき、公演後楽屋に案内された
仲代さんは一言「辛いな・・・」と声をかけ
謙さんは「はい、辛いです。」と返されました。
その会話が全てを語っていました。
同じ俳優として、舞台人として
その重責を全身全霊で抱えるお二人にしか
理解し得ないことがあったことでしょう。
今回舞台を観て、その意味が素人の私でも
少しわかったように思います。
 
 
今回アメリカ人とのチームワークは
とても良い感じに見えました。
公演後舞台挨拶があり、謙さんは
「突然日本語ですみません・・」と
感謝と意気込みを語り
演出のバートレット・シャー氏は感じ良い紳士。
家庭教師役のケリー・オハラさんが素晴らしい!
おそらくジュリー・アンドリュースのような
ミュージカルスターになるのではと期待します。
 
 
オーケストラも舞台装置も完璧。
小倉智昭さんと笠井さんがいらしてましたよ。
日本が世界のレベルとなるためにも
多くの人に観てもらいたいな・・・と思います。
当日券も多少あるようですので
ご興味のある方はぜひ!
 
 
 
 


 
 

 

| | コメント (0)

マーマレード大会受賞パーティー


Dsc02005-1

5月に夫がダルメインマーマレード日本大会
金賞受賞しましたが(その時の記事です)
今回クッキングレッスンの仲間と
感謝の会を我が家で開催しました。
 
 
参加者にはドレスコードをお願いして
どこかにオレンジか黄色の
マーマレードカラーを身につけてくださ〜い」と。
みなさんそれぞれ工夫されスカーフやアクセサリー
靴下など素敵にコーディネートして
参加してくださいました!
 

イギリス国旗を飾り、テーブルクロスも蜜柑色。
実家からウェッジウッドの食器を借り
フェスティブなムードを演出。
昔ロンドンのジュリアナさんから習った
サンドイッチ(その時の記事です)
ビクトリアサンドケーキ
ジャムタルト、イートンメスなど
イギリスづくしで皆さん甘々だったかしら(汗)
 

Img_4997
 
Img_9249

Img_9259
 
 
もちろんコンテストに出品したマーマレードも
試食していただき大好評でした。
 
 
Img_9247
 
 

お忙しい中、これだけの人数が
時間を作ることは大変なこと。夫のために
ここまで集まって下さり楽しいひと時を
過ごせたことは感謝しかありません。
 
 
さあ、来年に向け頑張ってね!!
次回は本国ダルメインへ出品しよう!!!

 

Dsc01947
 オレンジ色のブーケにはあたたかなメッセージが♡
 

 

 



| | コメント (0)

いちご泥棒

 
Dsc01883

 

今年は庭のワイルドストロベリーが
たくさん実をつけました。
無農薬で甘くて美味しいです。
 
 
飾っても可愛らしいので
以前イギリスのアンティークショップで
購入したアンティークボトルに活けてみると・・
あら? 実を食べようとする黒い鳥が!!
 
 
この鳥は「パイバード」と呼ばれるもの。
アップルパイなど焼く時の空気穴として使います。
イギリスへ行くたびに見つけては購入してますが
たまたま偶然?こんな写真が撮れました。
まるでいちご泥棒!
 

Dsc01906
  こちらが本家モリスの「いちご泥棒」です
 
 
 
ウィリアム・モリスは当時
住まいのケルネスコットマナーで
育てていた庭のいちごをどんどん
ツグミたちに食べられてしまう・・・
そんな愛らしい姿をデザインしたそう。
こんな可愛い泥棒なら許してしまいますね!
今も彼のデザインで最も人気の作品だそうです。
 
 
 

 
 
 
 

| | コメント (0)

RBG最強の85才

 
Dsc01902
    RBGさん、法衣に素敵なアクセサリーを合わせ
  自分らしさ・女性らしさを大切にしてます
 

 
気骨のあるドキュメンタリー映画。
RBG最強の85才
RBGとはRuth Bader Ginsburgさんの略称です。
女性として初のアメリカ最高裁判事で現在86才。
高齢で引退を考えていらしたようですが構成する
判事達の政党の共和党・民主党のバランス上
辞めるに辞められない人物となり
今も現役で第一線で活躍されている方です。


 
85才でジムに通いバーベルを持ち
いつも素敵なアクセサリーをコーディネートして
ファッションセンス抜群。
映画 CMとは違い、権力者として前に出るタイプ
ではなく、控えめでチャーミングで
発する言葉はゆっくりとわかりやすく
とても品格があります。
そのずば抜けた頭脳と冷静さ、そして気配りは
男性には持ち合わせないものがあります。
 
 
 
今でこそセクハラや性差別は犯罪とされますが
半世紀前は当然のように横行していた女性蔑視。
男性社会で女性が大変生き辛い時代、
彼女は冷静に語るべきことを語り
なるべくして自分の地位を
最高位の不動のものにしました。
 
 
 
映画にはご主人様も登場しますが、
彼女のたぐいまれな才能を尊重し
ご自分にも十分資格があるにもかかわらず
補佐役となり表舞台に出ることをやめます。
 
 
 
今、働いているすべての女性に観ていただきたい
勇気をもらえる映画です。
そろそろ上映も終わりそうですので
どうぞお早めにご覧ください。
 
 

Dsc01909
 カーター大統領時代に女性初の最高裁判事に任命
 





 

 

 

| | コメント (0)

ダルメインマーマレード日本大会

 
Dsc01707
    地元の人たちが作ったみかんツリー  
 

 
 イギリスの北部湖水地方のペンリスに
Dalemainというお屋敷があります。
広大な庭とヒストリックなお屋敷は
とてもイギリスらしく、NHK BSでは
「魔法の庭ダルメイン」でも放送されました。
(2017年に私が訪ねた時の記事はこちらです)
 
 
ここでは毎年「マーマレード大会」が
開催されていて、世界中から送られる
マーマレードを厳正に審査し
最近では日本からも受賞者が輩出されています。
そして今年は愛媛県八幡浜で日本大会
初めて開催されました。

 
実は毎年夫は庭の夏みかんを使って
マーマレードを作っていて、出品したところ
なんと金賞を受賞!! 表彰式へ行って来ました。
 
 

Img_4781


 
八幡浜は温暖で柑橘の産地。
海あり山あり電車から見る光景も美しく
もうすぐ九州という四国の端にあります。
手作り感満載の会場では、地元の人はもちろん
私達のように関東や関西から来たマーマレードを
愛する人もたくさん集まっていました。
 
 
Dsc01670
地元子供達合唱にジェーンさんは感動されてました
Img_4887
  笑顔の市長・ジェーンさん・各部門の受賞者たち
 
 

審査員には、はるばるイギリス・ダルメインから
公爵夫人Jane Hasellさん、Dan Lepardさん
Michael Perryさんがいらしてました。
現地で会えないJaneさんに日本で会えるなんて!


みなさんとっても気さくで、誰に対しても
優しく温かく接してくださいます。
トークショーにも参加しましたが
そこでは審査の様子なども説明してくださり
彼らのマーマレードへの情熱、お人柄の優しさ
温かさを垣間見ることができました。
 
 
Dsc01734
    始終笑いに包まれたトークショー♪
Dsc01737
 マイケルさんは審査の基準として音を聞くそう
Dsc01696
応募総数1600点超え一つ一つに採点がされてます
    こちらは夫の出品マーマレード
   
 

なぜ、このマーマレード大会が
こんなにも世界から愛されているのか・・・
その理由がわかったような気がします。
 
 
来年、再来年も八幡浜での開催が決まったそう。
皆様も参加してみてはいかがでしょう。
ジェーンさん達が真摯に
ジャッジしてくださいますよ〜!



Img_4890
             素敵なお友達もできました!
ジェーンさんのマーマレード柄のワンピースが印象的
     オレンジのシャツはダンさんです


 
 

 

 

 

| | コメント (0)

いざ尾道へ〜パワースポット編

 
Dsc01410
          大山祇神社 
  
 
 
たくさんの見どころのある尾道。
観光名所として賑やかな所もあれば
静寂でそこに神様がいるようなパワースポット
心が浄化されるような場所もあります。
 
 
地元の人が心の拠り所としている
静かな神社やお寺へも連れて行ってもらい
そんな清々しい空気を体いっぱい吸収してきました。
 

 
Dsc01416
 天然記念物の古木は威風堂々としたパワーが
 
 
 
そして尾道の町中は坂と海そして猫!
住民の方が優しいからでしょうか、
猫たちをあちらこちらで見かけ
みんな心地良さそうにしています。
 
 
Dsc01479
      尾道らしい山と海と船
Dsc01504_1
  猫たちは人が近づいても逃げません・・・
Dsc01483_1
      安藤忠雄設計の美術館
Dsc01530-1
   西國寺には大きなわらじがたくさん!
 
 
 
念願の大林作品のロケ地も訪ねました。
御袖天満宮の石段です。  
 
 
Dsc01529_1
「転校生」ここで主人公二人が入れ替わりましたね
        長い石段でした!
 
 
 
 
美味しい「広島焼き」もいただきました。
なんとうどんが入っていてびっくり!!
濃厚ソースが盛りだくさんの具材をまとめてます。 
ちょうど業者さんがドラム缶に入った
お好み焼きソースを配達に来ていて
「デパートで売ってるから」とお土産に。
その名も「カープソース」です!!

 
Dsc01546

 
 
なんと贅沢な旅だったことでしょう。
憧れの尾道は期待を裏切らない至福の時間でした。
Thank you Miki's family♡
 

 




| | コメント (0)

いざ尾道へ〜道後編

 

Dsc01395  

大連休も終わりましたね。
皆様はいかがお過ごしでしたでしょう。
 
 
少し前のことですが
4月に尾道へ行ってきました。
実は尾道は私にとって憧れの街。
小津安二郎監督や大林宣彦監督の映画などで
度々登場するその美しい「日本の姿」に
とても憧れていたのです。
ニュージーランド在住の友人が
尾道のご実家に帰省されるので便乗させていただく
という大変ありがたい旅行でした(汗)
 

ワクワクしながら二人で新幹線に乗りいざ尾道へ。
瀬戸内海に多くの島々を配した
大変美しい自然の中にあり、気候も温暖です。
海も穏やかで大変過ごしやすい印象でした。
時期も良く「桜」の尾道を満喫できました。
 
 
初日はドライブへ。しまなみ海道の島々を通り
四国の道後へ向かいます。愛らしい町で
あの道後温泉にも入ってきましたよ!
道後温泉」は明治27年に建てられた重要文化財。
今も博物館ではなく現役の公衆浴場として現役。
お湯がとっても柔らかくて本当に気持ちよかった♪
文化財に410円で入浴できるなんて贅沢〜!
 
 
Dsc01400
   映画「千と千尋の神かくし」の通りでした♪

 
 
お風呂上がりに町を歩いて見つけた
古民家の雑貨屋さん「ARUNE」は
こだわりのあるおしゃれなセレクトショップ。
色々な作家さんの素敵な作品を販売されていて
私は靴下やシルクネックマフラーなど購入しました。
 
 
Dsc01398
      素敵なのれんが目印
Dsc01399
     一点一点作家さんの手作りです
 
 
2階はカフェになっていて
とてもほっこりとした古民家カフェ。
使われている食器も作家さんもので
とても使い心地の良い温かみのあるものです。
のんびりゆっくりティータイムをして
友達と積もる話に花が咲きました。
 
 
Dsc01409
     ほっこりとした空間は時を忘れてしまいます
 

 
そして夜は尾道市内へ戻りとても素敵な和食店へ。
こちらの高原清吉商店は高原邦宏さんのお店で
とてもおしゃれな割烹店。割烹と聞くと
敷居が高そうですが、カジュアルな清潔な空間が
大変素晴らしく、リラックスして
大将の心づくしの料理をいただくことができます。
こーゆーお店、なかなか東京にはないような・・・
大変美味しくいただきました!!
 
 
Dsc01446

Dsc01428
こちらが大将の高原邦宏さん、丁寧なお仕事です
Dsc01424
       お通しから始まります

 

 

美しい静かな海の夜がゆっくり更けていきました
Dsc01417_1

 

 


 
 


| | コメント (0)

ザ・ローリングストーンズ展

 

Img_4692


 
行ってきました「ローリングストーンズ展
私は彼らの曲など詳しくはないのですが
歴史・ファッション・スタイルなどが
よくわかる構成になっていて面白かったです。
 
 
最初の導入がユニークで彼らが無名だった頃
住んでいたアパートから始まります。
いかにもイギリスのアパートに暮らす男の子
といった感じですごく散らかっている(笑)

 
Img_4693

Img_4728
 スーツ姿が初々しい・・こんな頃もあったのですね

Img_4697
          この写真が一番好きでした♡
 
 
使用していたギターやドラム
ステージ衣装などの展示。
数々の写真やミックの作詞ノート
ロニーの直筆セットリストなどは
とても興味深く観ることができました。
 

Img_4707_1
 
Img_4724-1_1

Img_4731

Img_4732
  「イメージは大事だよ。とかくミュージシャンは
  肝心なのは音楽だけなんて言いたがるけど違う。
  何を着てどんなルックスで、どう振る舞うか
  そういうもの全てが肝心なんだ」 ミック

Img_4740
      ロニーのセットリストです

 
 
71歳〜77歳のやんちゃなおじさん達は
今もなお現役でトップを走り続けています。
その陰には才能は元より限りない情熱と努力が
流れていることを全身全霊で見せてくれています。
 
 
5月6日までTOC五反田メッセで開催。
平成最後の3日間は、なんと平成生まれの人は
入場無料だそうですよ!!
老若男女同世代の人も、よく知らない平成の若者も
時代を作ったアーティストの勇姿を
目に焼き付けてください。


Img_4743
       心臓手術をするミックへの
    応援メッセージコーナーがありました
 
 
 
・追記 ミックの手術は無事に終わったそうです
 
・追記 なんと好評につき会期が6月5日まで延長
    されたそうです!
    

 

 
 
 

 

| | コメント (0)

横浜のHyde Park

 
 
Img_4687_1
 
 
関東は桜が見頃。
私の住まいの鎌倉も満開となり
今年はお友達に教えてもらった
横浜にある「根岸森林公園」へお花見に。
 
 
この公園は元は競馬場だったそうです。
江戸時代末期、横浜に外国人居留地ができた時
彼らのための競馬場を設置することとなり
慶応二年(1866年)日本で初めての
近代競馬場が完成しました。
 

Img_4705_1
 競馬場の建物は今も遺構として残されています

 
第二次大戦後はアメリカに接収され
馬場はゴルフ場に改修されたそう。
その名残で公園内は多くの美しい芝生に覆われ
今、心地よく歩くことができるのです。 
 

全ての接収が解除された後、横浜市が運営し
現在のような市民の憩いの場となったという
とてもストーリーのある公園は広大で
手入れの行き届いた木々や芝生に
まるでロンドンのハイドパークにいるような
そんな気分にさせてくれます。
 
 
Dsc01294_1

Dsc01307

Dsc01314-1_1
  横浜のハイドパーク?の紳士たちもお花見です!
            まるでロンドンのよう!!
 

老若男女多くの人たちがゆっくりと散策したり
お弁当を食べたり、バトミントンや
ボール遊びに興じたり、絵を描いたり
ただベンチで腰を下ろし桜を見たり・・・
もう、皆さん満面の笑顔!
 
 
なんて幸せな時間と空間でしょう。
私がイギリスを好きな理由、
それは老いも若きも富めるもの貧しきもの
全ての人が心ゆくまで蒼い芝の上に
平等に居られるという
そんな社会を愛しているからかもしれません。
 
 
桜前線、北上しています。
どうぞ皆様、お近くの公園へお出かけください。
短く貴重な春を満喫しましょう!
 

 
Img_e4692
      春の花たちも続々と咲いています♪
 
Dsc01356
  ベンチもイギリスのようなすわり心地です

 
 
 

 
 
 



 

| | コメント (0)

ウトヤ島、7月22日

 

 

Dsc01289-1

 



2011年7月22日
ノルウェーのオスロ市庁舎とウトヤ島で
77名が犠牲となった事件は記憶に新しく
多くの未来ある若者が犠牲となり
世界中が衝撃を受けました。
 
 
 
この映画は事件の発生から終結までの72分間を
生存者への綿密な聞き込みを重ね
監督が映画へと作り上げたものです。
 
 
 
主人公の少女が、見えない敵からひたすら逃げ惑い
妹を探し、怪我した人を助け、寒さに震え
ライフルの音に怯える・・・。
上映中鳴り響く数々の銃声は席を立ちたくなるほど辛く
途中で私も主人公と同じように耳を塞いでしまいました。
映画が早く終わって欲しいと・・・。
でもここにいた若者たちは現実にこの音を聞きながら
息をひそめ逃げ惑い命を落としたのです。
それを思うと心が裂かれる思いです。
 
 
 
色々な映画の作り方があると思いますが
彼ら・彼女らに起きたことをワンカットで
手持ちカメラで撮影することで
まるで私たちがその場にいるかのように
リアルに感じさせることに成功していると思います。
 
 
 
77名を殺害した犯人ブレイビクは裁判にかけられ
禁固21年。現在はホテルのような個室で
大学への通信教育を受けるなど
日本では考えられない待遇を受けています。
一体なぜ・・?
 
 
 
事件当時のノルウェーで
ヘッレさんという一般の少女がある投稿をしました。
「一人の男性がこれだけの憎悪を
見せることができたのです。

私たちがどれだけ大きな愛を
見せることができるかを考えてみてください。」

これを受け、ノルウェーの首相は追悼式で
私たちは私たちの価値を放棄することはしません」
と、犯人と同じ価値観を持つことを拒絶したのです。



先日、ニュージーランドで銃乱射事件がありました。
友人が住んでいてメールを交わしたところ
多国籍の国であり、太平洋の島々やアフリカ
アジア・インド・インドネシアなど
様々なルーツの人が住んでいて
皆とても平和的に暮らしている国だそう。
 
 
 
この乱射事件で妻を失ったあるイスラム系男性が
テレビのインタビューに答えていました。
「私は犯人を許します。
私が彼を憎み、語ることはしません。」
もし私が同じ目に合ったら
こんなことが言えるだろうか・・・。
 
 
 
世界中で事件が起こる今
自分はどうあるべきか・・・
大きな課題です。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ハクモクレンのある風景