« 神戸散策 カフェ編 | トップページ | 神戸散策 雑貨編 »

キャピタリズム


神戸散策のつづきを載せるつもりでしたが
上映終了が近いとのことで映画をご紹介しますね。

Capitalism02

「Capitalism」
マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画
 

アメリカの数%の富裕人が90%の富を独占している


きちんと働いて見合った報酬をもらい
ふつうの暮らしができる社会のはずが
貧しい人は働いても働いても一生貧しく
富める人は政治をとりこみ一生お金持ち
おかしい・・?まちがっている・・!
いつからアメリカはこんな国になったのか・・?
ゆがんだ資本主義(=キャピタリズム)を
ムーア監督の視点で描いています。


私は「ボウリング フォー コロンバイン」から
彼の映画を見ていますが、
社会を正面から真摯に見つめ
多くの人が持つであろう問題・疑問に
原因から解き明かそうとする姿勢に
敬意を表します。


独特のキャラクターと
宣伝もちょっと偏っているので
誤解されることもあるかもしれませんが
映画は、ていねいな取材を通して
彼なりの答えを導き
一人でも多くの人にわかってもらえるよう
エンターテイメント性も盛り込んだ
質の高い作品になっています。


社会問題はどこの国にもあり

それにちゃんと目を向けることが大切・・・
ムーア監督は教えてくれます。





|

« 神戸散策 カフェ編 | トップページ | 神戸散策 雑貨編 »

映画」カテゴリの記事