« クリスマスクッキー作り | トップページ | ANTAのバック »

クレアモントホテル

 

Images6


「Mrs.Palfrey at The Claremont」
原作は21世紀のジェーン・オースチンと
いわれる英国人 エリザベス・テイラー。
(アメリカの女優さんと同姓同名です!)



クレアモントホテルに長期滞在する老婦人と
孫世代の若き青年との偶然の出会いから
お互いの心のよりどころとなる過程を
あたたかく描いた作品です。



イギリスならではのユーモアにあふれ
(冒頭の運転手との会話
「ホテルの料理がおいしい?この国で?ワッハッハ」
見ていたお客さん大爆笑でしたよ〜!)
老人の孤独と若者の苦悩がうまく溶け合い
俳優人の品の良さもあり上質な映画です♡



特に祖母ほどの年齢差があるにも関わらず
青年の老婦人への視線が
ちゃんと女性として見ていたこと。



これってとても大事と思います。
おじいちゃん、おばあちゃんであっても
男性・女性として接することが
人の尊厳を敬うことになる・・・

そんなことを感じさせられた映画でした。



岩波ホールの単館上映。
(もっと多くの映画館で上映してもいいはず!)
クリスマスに心温まる映画です。



 

|

« クリスマスクッキー作り | トップページ | ANTAのバック »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クレアモントホテル:

« クリスマスクッキー作り | トップページ | ANTAのバック »