« 手作り上用まんじゅう | トップページ | イースターエッグのインテリア »

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

 

Images1_2
 

原題「The Iron Lady」
イギリス初女性首相を勤めた
Margaret Thatcher の物語。


彼女の激動の政治家人生というより
夫婦のラブストーリーを中心に描かれています。


現在も存命中の彼女を
サクセスストーリーとしてだけでなく
一人の女性の一生として
認知症の現在と過去が交差する展開は
近親者にとってはつらいことだったでしょう。
でも私には「鉄の女」と呼ばれた彼女の
人間性が感じられて好感が持てました。


それにしてもすごい女性です。
あの当時のイギリスの階級・男性社会の中
人々を国を断固たる意志で導いた
まさに「鉄の意志」を持ったサッチャーさん。
そのぶれない確固たる意志は
実は特別なものではなく
普通の女性が持つ意志なんです。


映画の中でたくさんの彼女の意志が
語られていますのでいくつか抜粋しますね。



 
男性には「財務」でも女性には「やりくり」です。
家庭でも政治の中でも同じこと。



あなたバターの値段を知っている?
 
42ペンス。マーガリンは38ペンス。
ほら、私は国民から離れてなんかいないわ。


人は誰も自分の足でしっかり立つべきです。
 
人のせいにしたり、社会を恨んだりせず、
自分で立ち上がって行動すべき。
泣き言を言うだけでなく直面している問題に取り組み
自ら状況を変えて行かねば。


支出を削減しないと国は破産する。
 
薬は苦くても飲まなければ死んでしまう。
私たちは間違っていません。
選挙に勝利したのは
このイギリスを衰退から救うためです。
イギリス経済を立て直してくれると信じてね。
ですから私たちはそれを実現させるだけです。


サービスを受けるためにはお金を払う。
 
つまりこの国に住むのなら
その特権の代価を払うべきです。


政府に引き下がれと言う人々がいます。

でもそういう声には屈しません。
一秒たりとも譲りません。
固い決意でこの国にふたたび
繁栄をもたらしてみせます。



   

本当に罵詈雑言の英国男性社会で
これだけの采配を振ったサッチャーさんに
改めて敬服するとともに
日本で行われている政治に
ただ不満や閉塞感を感じるだけでなく
ちゃんと自分の声を出し行動することが
この国に生きるものとしての義務なのかも・・・
そんなことを感じました。
   



最後に、彼女がお父さんから教えられた
英語の格言がとても心に響いたのでご紹介します。


“Watch your thoughts, for they become words.
Watch your words, for they become actions.
Watch your actions, for they become habits.
Watch your habits, for they become character.
Watch your character, for it becomes your destiny.”


 
あなたの考えは言葉となります。
あなたの言葉は行動となります。
あなたの行動は習慣となります。
あなたの習慣は人格となります。
あなたの人格はあなたの運命となるのです。


 
アカデミー主演女優賞を獲得した
メリル・ストリープはメリルであることを
感じさせない完璧な演技でした。
 





|

« 手作り上用まんじゅう | トップページ | イースターエッグのインテリア »

映画」カテゴリの記事

コメント

あ~ん、メリルなので見るつもりありませんでしたが、見たくなってしまいました

ブル-ベルさんのコメントが心に響きます

投稿: RIELP | 2012年4月 9日 (月) 17時35分

RIELPさん
あっ、メリル苦手ですか〜?
でもメリルっぽさは消されているから大丈夫と思います(笑)
ついコメントに力が入ってしまいましたがいろいろな感じ方があると思いますのでぜひご覧ください♪

投稿: bluebell | 2012年4月 9日 (月) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙:

« 手作り上用まんじゅう | トップページ | イースターエッグのインテリア »