« 古民家教室 | トップページ | B&Bのインテリア »

ケルムスコットマナー


さあ、お待たせいたしました・・?
私のUKリポートもロンドンから
いよいよカントリーサイドへ。

Well, Sorry to have kept you waiting..?
Now my UK report moves to countryside from London.



1_2


最初に訪ねた所はコッツウォルズにある
Kelmscott Manor
ここはウィリアム・モリスの別荘だったところ。
週に二回だけオープンされています。


私が彼に興味を持ったのは2年前
V&A美術館のティールームを見た時です。
華やかだけど威圧感のない心地よい美しさ・・
なんだか天国にいるかのようなそんな印象でした。
(過去の記事)


いったい彼の住まいはどんな所だったのだろう・・
ワクワクして向かいます。


The first place I visited is Kelmscott Manor in Cotswolds.
A cottage once owned by William Morris.
Opens only twice a week.

It was two years ago when I got interested in him.
When I saw the interior of V&A art museum tearoom.
Gorgeous but no air of intimidation, just comfortable beauty...
An impression like I am in Heaven somehow.
(The past report)

"What kind of place was his home really? .."
Being excited, walking toward his house.


5_3


コッツウォルズ独特の蜂蜜色の石造り。
家のみでなく周りの村も当時のままの様子・・。
残念ながら家の撮影は許されてませんが
本当に心地よく、ここから数々の芸術作品が
創造されたかと思うと心がざわめきます。


家具やタペストリーも当時のまま
インテリアは外の緑と調和していて
彼が自然をこよなく愛し尊敬し
自然からのインスピレーションを
とても受けていたことがよくわかります。


時間が止まっているような・・・
いつまでもここにいたい・・・
ウィリアム・モリスが選んだ地は
やはり天国のような平和な美しいところでした。



Honey coloured stones unique to Cotswolds.
Not only a house but surrounding village is remaining as it was.
To regret, photos are prohibited inside the house, but it is really comfortable.
Imagine many of his works of art created from here, my heart is rustling.

The furniture and the tapestry remain as those days.
the interior harmonizes with outside green.
Very well shows me how he deeply loved and respected nature and received inspiration from it.

Time totally stops...
Want to be here forever...
The place that William Morris chose was a peaceful beautiful place like heaven.





9
10
 
8

7
 モリスのデザインに出てきそうなあやめでした・・・。
  The iris seemed to come out to a design of Morris...











|

« 古民家教室 | トップページ | B&Bのインテリア »

イギリス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケルムスコットマナー:

« 古民家教室 | トップページ | B&Bのインテリア »