« おしゃれが変わるとき | トップページ | コーヒーのお供に »

アバウト・タイム 愛おしい時間について

 

Sub2_large_large

   
原題「About Time」

「ノッティングヒルの恋人」
「ラブ・アクチュアリー」などを作った
リチャード・カーティス監督の作品。


 
イギリスのコンウォールに住む青年が
21歳の誕生日に父親から
「一家に生まれた男子には
タイムトラベルできる能力がある」
と知らされ、その力を使いながら
本当の幸せを見つけていく心の旅の物語です。



「タイムトラベル」と聞いた時
あまりに非現実的で彼らしくないかも・・・?と
思ってました。でも観ているうちに気にならなくなり
むしろそれは本当の「幸せ」を見つけるための
ツールであって、監督のやさしいユーモア。



家族とは 夫婦とは 親子とは・・・
彼らと過ごす平凡な日々の時間が
どれほどかけがえのない光り輝くものであるか
監督は温かい目線で語りかけています。

 

 
映画後半には父親が息子に
「人生をより良くするコツ」を伝授し
息子はタイムトラベルを通して
父親を越える「人生の答え」を見つけます。
実は私はこの「コツ」をさっそく試しています♪


 
この作品でカーティス監督は引退を宣言。
お嬢さんが病気で少しでも家族と一緒の時間を
作りたいとの気持ちから決意したそうです。
ファンとしてはとても残念ですが
この最後の作品には、そんな監督の
私たちへのメッセージがたくさん詰まってました。


 
日々を愛おしむことこそ生きること・・・
老若男女世界中の全ての人への人世讃歌
ありがとう カーティス監督!

 

監督得意のBGMもきっとHappyにしてくれますよ♡

「How Long Will I Love You」
 (和訳)

   どのくらい、あなたを愛せるのかしら
   星が頭上に在るまで、ずっと
   できるだけ、長く
   どのくらい、あなたが必要なのかしら
   季節がその秩序を保つくらい、ずっと

   どのくらい、あなたと一緒にいられるかしら
   海が砂を洗おうとし続けるだけ、ずっと

   どのくらい、あなたを求めるのかしら
   あなたが、私を必要としてくれる限り
   ずっと、ずっと長く
   どのくらいあなたを抱きしめていられるのかしら
   あなたの父があなたに、話すくらい、ずっと
   あなたが、できる限り

   どのくらい、あなたに捧げられるのかしら
   あなたを通して生きている間、ずっと
   どんなに、あなたが長く言葉にしようとも

   どのくらい、あなたを愛せるのかしら
   星が頭上に在るまで、ずっと
   できるだけ、長く
   そう願うわ

   私たちは、時を一緒に旅しているの
   私たちが生きている、すべての日
  
   できることは
   このすばらしい生活をかみしめて
   限りなく、良いものに
  


 



|

« おしゃれが変わるとき | トップページ | コーヒーのお供に »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アバウト・タイム 愛おしい時間について:

« おしゃれが変わるとき | トップページ | コーヒーのお供に »