« 音楽のあるレストラン | トップページ | ミモザのラッピング »

私的フローラ逍遥〜梅〜


2_3
   


梅の花が鎌倉のあちらこちらで見かけられます。
この花の美しさは鎌倉へ移り住んでから
わかるようになりました。



それまでちょっと地味なイメージしか
持っていませんでしたが
鎌倉ではあちらこちらのお宅や山の中で
見ることができます。
その楚々とした姿は、まだ冬空の中に
春の予感を近くに感じられちょっとワクワクします。 



1


澁澤龍彦氏は著書「フローラ逍遥」で書いてます。
「春の気分とともに咲く桃やアンズや桜ならば、
ヨーロッパ人の美意識にも
訴えかけてくるものがあるのだろうが、
冬の日ざしを浴びて的れきと咲く梅の花だけは、
彼らの情緒には少しも反応しないらしいのだ。」



確かに、イギリスに桜はありましたが
梅は見かけなかった・・・。
やはりミニマムな花は日本特有の美なのでしょうか。
私もようやく大人になったかも・・・(汗)



3月になりました。
皆様のお近くにもおそらく見ることのできる梅の花。
日本の誇るミニマムな大人の花を
しばし楽しみましょう。


6
            つぼみもかわいい・・・

4
      よく見ると花びらが重なりおしべがたくさん!

5_2
 毎年東慶寺では期間限定で「こまき」の生菓子を
    一服のお茶と共にいただけます




 






  

|

« 音楽のあるレストラン | トップページ | ミモザのラッピング »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私的フローラ逍遥〜梅〜:

« 音楽のあるレストラン | トップページ | ミモザのラッピング »