« 薔薇を愛でる一日 | トップページ | THIS IS YOUR LIFE. »

鳥獣戯画展


7
   エコバック入り鳥獣戯画展の図録は装丁がgood! 



「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」
観て来ました。
有名な甲巻は連日2〜3時間以上待ち・・・。
でも、生きている間にこの国宝を観るチャンスは
今回だけかもと、がんばって並びました (汗)


私の鳥獣戯画との出会いは食器です。
うさぎやかえるがユーモラスに描かれ
昔の人でも漫画って描いていたのかしら・・?
と不思議に感じていた鳥獣戯画。


並び始めて2時間半後、自分の目の前に現れます!
ガラス越しではありますが本物を至近距離で観ると
その紙の質感・筆のタッチに驚きます!
おそらく下書きなどはされてなく
作者のイメージが一気に描かれているのでしょう。


その擬人化された動物達の
なんと生き生きとしていることか・・・!
800年も前にこんなにも粋な、センスある絵師がいた・・
今日の漫画にも通じるところがあるかもしれません。


そしてようやく見終わってショップへ。
欲しかったエコバック入りの図録と
写筆用紙を購入しました。


6

3


写筆用紙には4種類の絵が各3枚入り
「なぞって描いてみよう!!」とありますが
私の使い道は「ティーマット」
ちょっとしたお茶とお菓子に似合うでしょう〜。


4


そして・・・こんなふうに
小さなお菓子ラッピングにも使えます!

5


鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝
6月7日まで開催。
甲巻のみ閲覧時間も延長してくれています。
(時間内に列に並ぶと閉館時間過ぎても観れます。
グッズ売り場もその時間まで延長してくれてます。)


並ぶ時間は大変ですが
本を読んだりお友達とおしゃべりしながら
「本物」に触れる貴重な時をその場の多くの人と
共有するのもイベントのようで楽しいものでした。









|

« 薔薇を愛でる一日 | トップページ | THIS IS YOUR LIFE. »

芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥獣戯画展:

« 薔薇を愛でる一日 | トップページ | THIS IS YOUR LIFE. »