« わたしはマララ | トップページ | 007 スペクター »

鎌倉近代美術館

 

1


鎌倉の鶴岡八幡宮の境内中にある
神奈川県立近代美術館
鎌倉近代美術館とも呼ばれた美術館が
1月31日で閉館します。


巨匠ル・コルビュジエの事務所で修業した
坂倉準三氏が建築した建物は
直線的で簡素で美しく、落ち着きがあり
鎌倉の自然を多いに取り込む工夫が
随所に散りばめられています。


昨今の新しい建物にはない落ち着き・安らぎ
心地よさ・ぬくもり・そしてモダン・・・
そんな形容詞がたくさん溢れ出る建物。
老朽化・耐震性が閉館の理由です。


私には構造の難しいことはわかりません。
でも、今の基準にあてはまらないからという理由だけで
どんどん貴重な建築物を破壊して良いものでしょうか?


一度壊してしまったら二度と造れない・・。
「ホテルオークラ」の時も感じましたが
このような美しい建物は二度と造れない・・。


耐震性はもちろん大事ですし
耐火性も、バリアフリーも必要です。
でも、今在る美しい建物を生かしながら
補強し遺して行かなければ
日本には「文化」も「歴史」がなくなるのです。
イタリアなど地震国は何千年・何百年の建物を
今でも大切に修復保存し使用しています。
私は建築家ではありませんが
この混沌とした日本の建築物を
文化や歴史の感じられる美しいものに
できないものでしょうか・・・?


今月いっぱいですのでぜひ日本の近代建築を
目と心に焼き付けてください。


2
   カフェは天井高く日ざしを取り込んだ工夫が。
       明るく気持ちの良い空間です
Img_0465

Img_0445
     ほっこりする印象的なオブジェたち・・・

Img_0441
 
Img_0434

Img_0459
この池の水面を映し出す自然の演出はため息もの・・・・

Img_0501
          直線的な外観です 
Img_0503
     すぐそこには八幡宮でにぎわう人々・・・















|

« わたしはマララ | トップページ | 007 スペクター »

芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉近代美術館:

« わたしはマララ | トップページ | 007 スペクター »