« ジュリア・マーガレット・キャメロン展 | トップページ | STYLE WRAPPING »

シング・ストリート 未来へのうた


News_header_sing_street_20160428_01


映画「シング・ストリート 未来へのうた」


80年代、アイルランド大不況時代。
無職となった親からある日突然
カトリック校から荒れた公立校へと転校させられる少年
校長や生徒からいじめを受けながらも
好きになった女の子を振り向かせるためだけに
バンドを組み、音楽に没頭していく・・・


はじまりのうた」「ONCE ダブリンの街角で」
ジョン・カーニー監督の作品というだけで
観に行きましたが、やはり彼の映画は
音楽も人間模様も心にしみ入ります。


全編に散りばめられる音楽は
80年代のデュラン・デュランなどのロック。
アナログなサウンドが今聴くと懐かしく
新鮮でもあります。
ファッション・メイク・音楽・・・
80年代ってエネルギッシュで
ファンキーでしたね〜。


主役の少年の、お兄さんとの関係が
とても良いです。
お兄さんは親が学費を払えず
大学を中退させられ引きこもり中。
でもロックが大好きで部屋にはたくさんのLPが。
弟の恋の悩みにも的確に答えながら
一人で歩めるよう導いていきます。
後半、その姿はせつなくて涙が出てしまいます。


お兄さんの珠玉の名言をご紹介しますね。



 「他人の曲で女を口説くな!」

 
  「フィル・コリンズを聴く男に女はホレない!」


 「ロックはリスクだ!」
 

 「笑われてもつらぬけ!」


  「悲しみの喜びを知れ!」



映画の最後のテロップで
「For Every Brothers」とありますが
カーニー監督自身の亡くなった
お兄さんとの関係も垣間見えてきます。


音楽に夢中になった人、
80年代を知っている人、
恋に悩める少年・少女たち、
老若男女全ての人に見てもらいたい・・・
そんなハートフルなこの夏一番の映画♪
カーニー監督の世界、ぜひご覧ください。
きっと元気をもらえますよ!







 

|

« ジュリア・マーガレット・キャメロン展 | トップページ | STYLE WRAPPING »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シング・ストリート 未来へのうた:

« ジュリア・マーガレット・キャメロン展 | トップページ | STYLE WRAPPING »