« ミュシャ展 スラブ叙事詩 | トップページ | 鯛最中と小どら »

T2 トレインスポティング

320


前作「トレインスポティング」から20年。
「T2 トレインスポティング」はその登場人物達の
20年後の物語。


20年前、センセーショナルな公開に
世界中が驚愕し人気を得ました。
懐かしい彼らに会える・・ウキウキしながら
遅ればせながら観てきました。


「続編は前作を超えられるか、超えられないか」
いつも話題になりますが、
個人的には超えていたかも・・・というか
今の時代に合っている内容だったと思います。


前作は「ドラッグ」に溺れる・抜け出せない
人間関係にフィーチャーしていましたが
今回は仲間4人の人間性に焦点が当てられ
それぞれの心理が浮き上がっています。


主演ユアン・マクレガーをはじめ
登場人物は皆年を重ね、ダニー・ボイル監督も
そして映画を観ている当時のファンも20年、
年を重ねているのです。
彼らの人生の積み重ねをきちんと描くことで
「ぶっ飛んでる」だけでない、人間20年の厚みを
ちゃんと感じさせてくれました。


個人的には大好きな俳優ロバート・カーライルが
ちょっと太っておじさんになっていたり
エディンバラの昔と今の対比が面白く
パブで盗んだキャッシュカードを
ある番号で引き出すシーンなど笑えます。


1作目を観た方はもちろん観ていない方も、
T2の後にレンタルして1作目を観ても大丈夫!
ぜひこの機会をお見逃しなく・・・。
次は20年後ですよ〜(笑)
 

8a02a5ecaffcbe31ff549bd78de738ec
   こちら20年前のメンバー、皆若い!

 

   


   


|

« ミュシャ展 スラブ叙事詩 | トップページ | 鯛最中と小どら »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: T2 トレインスポティング:

« ミュシャ展 スラブ叙事詩 | トップページ | 鯛最中と小どら »