« ボヘミアン・ラプソディー | トップページ | 2018〜ナイジェルのクリスマス〜 »

エリック・クラプトン 12小節の人生

 

Dsc00105_1

 

この冬、音楽映画が続きます。
第2弾はエリック・クラプトン 12小節の人生
クラプトンの生い立ちから現在までを
彼自身の言葉で語るドキュメンタリー映画。


実際に残っている写真や映像と
クラプトン自身が語るナレーションで作られていて
時々、観ている私たちも苦しくなるほど赤裸々。
幼かった頃、母親から受けたことはトラウマとなり
孤独感が彼を音楽へと導いていきます。
ギターは全くの独学というから驚きです!


有名になり、世界に名前が知られても
お酒やドラッグに溺れ、女性との関係など
決して褒められることはない私生活。
でも音楽だけが彼を支えていた・・・
後半、息子コナー君との突然の別れと
そこからの再生は、もう涙なしでは観れません。


何度か日本でのコンサートを観てますが
こんなにも深い苦しみを抱えていたのか・・・
「神様」と呼ばれる彼の心の内があまりに率直に
語られていることに正直驚きました。
おそらく全てをさらけ出すことで
自らを浄化させているのかもしれません。


コナー君の死後、作られた
「TEARS IN HEAVEN」の歌詞です

 

TEARS IN HEAVEN

もしも天国で出会ったら
君は僕を覚えてくれているかな
もしも天国で出会ったら
昔のままかな
僕は強くなければ、強くあり続けなければ
なぜなら天国は僕がいるべき所ではないとわかっているから

もしも天国で出会ったら
君は手を握ってくれるかな
もしも天国で出会ったら
君は僕を支えてくれるかな

時は君を落ち込ませ、神の前にひざまずかせる
時は君の心を打ち砕き、神に祈らせる

扉の向こうにはきっと安らぎがある
そして僕は知っている
天国にはもう涙など存在しないと

もしも天国で出会ったら
君は僕を覚えてくれてるかな
もしも天国で出会ったら
君は昔のままかな
僕は強く生きなければ、生き続けなければ
なぜなら天国は僕がいるべき所ではないとわかっているから

                    訳 S.K. 



クラプトンを知っている人もよく知らない人も
一人の孤独な男性の挫折と再生を
彼自身の言葉で、歌で、映像でご覧ください。
「人生再生」として価値のある映画と思います


 



   





|

« ボヘミアン・ラプソディー | トップページ | 2018〜ナイジェルのクリスマス〜 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エリック・クラプトン 12小節の人生:

« ボヘミアン・ラプソディー | トップページ | 2018〜ナイジェルのクリスマス〜 »