« 王様と私 | トップページ | モデル 雅子 を追う旅 »

甘い生活

Dsc02057  
 
 
バングラディシュで作られた
jackson」のジュートバック。
数年前から見かけては可愛いいなあ・・と
思っていたjacksonのバックは
ジョーイさんとルィーズさんという双子の姉妹が
イギリスで1996年に立ち上げたブランドです。
世界を旅行した中から受けたインスピレーションを
デザインに取り入れているそうです。
 

今回「la dolce Vita」というデザインを見つけ
なんとなく気になり調べてみたら
イタリア語で「甘い生活」という意味。
そういえば昔「甘い生活」という
フェリーニ監督のイタリア映画がありましたね・・。
 

さて、このjacksonのHPが素晴らしかったので
夫に訳してもらいました。
少し長いですがお付き合いください。

 

W H A T ' S   O U R   S T O R Y ?

The beautiful and durable hand-crafted jute “word-bags” from
The Jacksons are a joyous outcome of the design collaboration
between Louise and the skillful traditional handicraft workers
in south-west Bangladesh.
The partnership began in 2012 and The Jacksons are now working
closely with over 5000 men and women in Bangladesh,
in an area where there are few job opportunities for women.  
But we are doing more than just designing & creating a brand:
we are striving to help overcome poverty and
improve women’s social standing.
The wonderful women who make our bags have access
to free medical care and schools.  
The women are paid directly which gives them more power
to make decisions within the families.  
Louise visits regularly to see at first hand the real benefits.

 

私たちの歴史は?
 
The Jacksonsの美しく長持ちする手作りのジュート
「ワードバッグ」は、Louiseとバングラデシュ南西部の
熟練した伝統工芸職人の間のデザインコラボレーションの
楽しい成果です。
このパートナーシップは2012年に始まり、
ジャクソンズは現在、女性の雇用機会がほとんどない
バングラデシュの地域で、5000人を超える男女と
緊密に協力しています。
しかし、私たちは単に
ブランドをデザインし創造するだけではなく、貧困を克服し
女性の社会的地位を向上させるために努力しています。
バッグを作ってくれる素晴らしい女性たちは、
無料の医療や学校を利用することができます。
女性たちは直接支払いを受けているので、家族内で
決定を下す権限が大きくなります。ルイーズ氏は
定期的に訪問し、実際の効果を直接見ています。

 

H O W  O U R  B A G S  A R E  M A D E

Jute is known as the ‘golden fibre’ of Bangladesh;  
it is 100% bio-degradable and
it has great flexibility and strength.  
In fact a bag can carry up to 14 kilos.

The process of making jute bags uses traditional methods
that rely entirely on the skilled women we employ.
 No machines are used, only the skilled hands of these
amazing women who untangle and clean the raw jute;
spin it with their fingers and tidy up with scissors;
dye what is required with azo free colours
and knot the bags to our carefully crafted designs.  

As you can imagine, there are many varying stages
in our process from our design room
in Notting Hill to the wonderful talented
artisans in the communities of south-west Bangladesh -
and every step is as important as the next to ensure
our commitment to beautiful well-made fashionable bags. 
But through these steps, our workers learn self reliance,
social dignity, independence and status.  
All these things that so many of us can take for granted.

 

私たちのバッグはどのように作られているか
 
ジュートはバングラデシュの 「黄金の繊維」として
知られています。100%生分解性で柔軟性と強度に
優れています。実際バッグは14キロまで運ぶことが
できます。ジュートバッグの製造工程は伝統的な
方法を使用しており、熟練した女性を全面的に
採用しています。機械は使われていません。
ただ、未加工のジュートをほどいてきれいにする、
これらの素晴らしい女性の熟練した手だけが
使われています。指で回してハサミで整え
合成でない染料で必要なものを染め、
丁寧にデザインされたバッグを編みます。

ご想像の通りノッティングヒルにあるデザインルームから
バングラデシュ南西部のコミュニティにいる素晴らしい
才能ある職人たちまで、私たちのプロセスには
様々な段階があります。しかしこれらのステップを通じて
労働者は自立、社会的尊厳、自立、地位を学びます。
私たちの多くが当たり前だと思っているこれらすべてのことを。


W H A T 'S  O U R  M I S S I O N ?

We are proud to be an ethical brand taking
a responsible approach to materials
and the planet but also helping
in the fight against global poverty
and women’s role in the global society.

Our work with Bangladesh is also inspiring us to stock
more thoughtful brands in our shop,
to engage with our industry to take greater responsibility
and to help our customers make more educated choices
for the world around us.

However, we are fully aware that we need to do more.  
With the jute bags, we are striving to move towards
a more ethical process from recycled cardboard,
minimal or zero use of poly bags
and zero use of plastic tape.  In the shop,
we are working with our brands to see
what more they can do and we are looking at brands
that are already doing more.

This isn’t going to solve the problems of our planet,
but we are doing all we can at the moment  
and are constantly looking at ways to be more ethical.  
Please don’t hesitate to get in contact
if you think you can help us.

There is no Planet B

 
 
私たちのミッションは

 
私たちは、物質と地球に対して責任あるアプローチを
とるだけでなく、世界の貧困との闘いや世界社会における
女性の役割に貢献する倫理的なブランドであることを
誇りに思います。バングラデシュとの仕事はまた、
店にもっと思慮深いブランドを置くこと、
業界にもっと責任を持ってもらうこと、そして顧客が
私たちの周りの世界のためにより教育された選択をするのを
助けることに私たちを奮い立たせています。
しかし、私たちは私たちがもっとしなければならないことを
十分に認識しています。ジュートバッグでは、
リサイクル段ボールの使用、ポリ袋の使用を最小限または
ゼロにする、プラスチックテープの使用をゼロにするなど
より倫理的なプロセスへの移行に努めています。
ショップでは、私たちのブランドと協力して、
彼らに何ができるかを見ていますし、すでに多くのことを
しているブランドも見ています。
これで地球の問題が解決するわけではありませんが、
私たちは今できる限りのことをしており、
より倫理的になる方法を常に模索しています。
お役に立てることがあれば、遠慮なくご連絡ください。

地球の代わりはないのです。

Louise Jackson, The Jacksons London

 
 
 
まさに今、世界中が直面している様々な問題を
直視し、全ての人たちをHAPPYにするため
楽しく実用的なものを生み出し続ける・・・。


これからのものづくりへの大切なヒントが
このバックにあるように思います。
 
 
Dsc02062
 丈夫なので重いものでもなんでも入れられそう!
 





 

|

« 王様と私 | トップページ | モデル 雅子 を追う旅 »

暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 王様と私 | トップページ | モデル 雅子 を追う旅 »