« マリアノ・フォルチュニ展 | トップページ | スティングコンサート 2019 »

魂がふるえる・塩田千春展

 
Img_4962
 
 
魂がふるえる」という文字を目にした時、
いったいどう震えるのかしら?と
思いました。
実際に作品群を見てみると
慟哭が聞こえるかのような、心に刺さる作品たち。
今までたくさんの美術展を見てきましたが
これほどダイレクトに心に刺さる作品は
他に類を見ません。

 
Img_4961
細い糸一本一本が良くも悪くも人間の思考のよう
 
 
 
塩田千春さんというアーティストは
今回初めて知りました。ベルリンで活躍の
アーティスト。それは前衛的でまさに
魂がふるえ、揺さぶられました。
 
 
塩田さん自身のいろいろな経験から
記憶・不安・夢・沈黙などを
形として表現するパフォーマンンスや
インスタレーションでご活躍されてます。
 
 
Img_4971  
 
Img_4978
 
 
その作品群はどれも繊細で心に突き刺さる
強烈なメッセージを発しています。
苦しみや悲しみ・孤独・怒りなどの表現として
こんな見せ方があるのか・・・と驚かされ
彼女の声が聞こえてくるようです。
 
 
Img_4981  
 
Img_4985

 
 
作品はとても大きく、広い美術館のスペースに
ゆったりと展示されてますので
ぜひその空間に身を置いて、自分が何を感じるか
ゆっくり体験して見てください。
10月27日まで森美術館で開催中です。
 
 
 
 
 

 

|

« マリアノ・フォルチュニ展 | トップページ | スティングコンサート 2019 »

芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マリアノ・フォルチュニ展 | トップページ | スティングコンサート 2019 »