« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

ブリティッシュなティールームを訪ねて


Img_5147-1  
 
 
素敵なティールームを
東京の住宅街で見つけました。
目黒にある「スリーティアーズ
スリーティアーズとはアフタヌーンティーの
三段トレーのこと言うそうです。
 
 
築80年越えの重要文化財を見つけたオーナーは
一瞬で恋に落ち、こちらでティールームを
運営することを決めたそうです。
 
 
内装も、隅々までブリティッシュスタイルに
こだわり、ティーフーズはどれも本当に美味しく
紅茶もたくさんの種類から選べ
居心地良く、まるでイギリスにいるかのような
そんな気分にさせてくれます。

 

Img_5166
   クリスマスツリーが出迎えてくれます
Img_5169_20191116222001
   ラベンダー色のペイントがエレガント
Img_5173
    サンダーソン?のカーテンも素敵
 

 
今回はクリスマスアフタヌーンティーでしたので
ミンスパイやクリスマスパブロバなど
エレガントで楽しいメニューでした。
 
 
Img_5170-1
 
Img_5178
     この柊フルーツケーキとミンスパイが絶品!
Img_5175
     こちらがオーナーの新宅さん
     

 
2部制なので滞在時間が少し短いことが
残念でしたが、日本で本格的な美味しい
アフタヌーンティーがいただける場所として
とても良いと思います。
 

週3日間だけオープンしていますので
HPから予約されてお出かけください。
本場のアフタヌーンティーを
体験されたい方にお勧めします。
至福の時間が待っていますよ♪
 
 
Three Tiers
 
 
 
 



 

 

 

 

| | コメント (0)

イエスタディ

 
Dsc02170

 
「イエスタディ」と聞くと
ビートルズを思い浮かべる方は多いはず。
この映画はそのビートルズがある日突然
この世からなくなったら・・・
という奇想天外なストーリーから始まります。
 
 
監督ダニー・ボイルと脚本リチャード・カーチス。
私の大好きなリチャード・カーチスは
ラブ・アクチュアリー
ノッティングヒルの恋人
アバウト・タイム 愛おしい時間について
いつも心に温かく残る作品を作ってくれるので
今回も間違いない・・・
と思いましたが的中しました!
 
 
内容は、ある日世界中で大停電が起こり
すぐに戻るのですが
歌手を目指していた主人公以外は
「ビートルズ」の存在を全く知らない世界に
なっていたという奇想天外な始まり。
 
 
主人公は訳も分からず
でもこんな良い曲を多くの人に
知ってもらおうと歌っていると
あのエド・シーランと出会い(本人役)
コンサートに呼ばれついには彼をも超える
歌手となります。アメリカ進出して大スター。
でも自分の曲ではないもの続けていくのは・・
葛藤した彼の出した答えは・・・
 
 
主人公のヒメーシュ・パテルは
現代の若者を上手く演じ、彼女役の
リリー・ジェームスはみずみずしく
本物のエド・シーランも本人役ですから
もちろんしっかりハマっています。
それ以外にもクレジットにも出ない
いろんな役者さんが実はカメオ出演しています。
 
 
今回初めて知ったのですが
彼らの作品なら無償でクレジットなしでも
出演したいという俳優は多いのだそう。
びっくりするようなあの人が出てたり・・。
 
 
今年一番の映画かも!
ビートルズの音楽を楽しむも良し
隠れスターを探すも良し
新鮮な若手俳優から元気をもらうも良し
この秋一番の映画、ぜひおすすめします♪

「イエスタディ」



 

 

 

 

 




 

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »