« ユーカリのネックレス | トップページ | 廃棄物のバック »

男と女 人生最良の日々

 
 
Dsc02575
 
 
「男と女」と言えば
「ダバダバダ〜」という曲と
美しいモノクロームの映像がとても印象的。
今回、53年の時を経て同じ監督・キャストで
描かれたその後の「男と女」の物語。
 
 
監督のクロード・ルルーシュ(現82歳)
主演女優のアヌーク・エメ(現87歳)
主演男優ジャン・ルイ・トランティニャン89歳
以前ご紹介した
「トレイン・スポティング2」でさえ
20年ぶりの「その後」のストーリーです。
53年後のオリジナルキャストでの製作は
まさに「奇跡の映画」と
言えるでしょう。
 
 
Dsc02578
        53年前の「男と女」の二人です


年老いて施設に入った元レーシングドライバー。
息子が父親の元交際相手のアンヌを探し
二人を再会させ物語は進みます。
でも、その物語は遠い過去の思い出に
向き合うことに・・・。
 
 
前作の二人の映像と今の二人の映像が
交錯し、老いることの残酷さと
老いることで見える人間としての境地が
描かれ、全てが美しく愛おしくなる・・・。
そこには「新しい愛」が生まれるような
そんな印象を持ちました。
 
 
老いることは試練であり残酷です。
でも形は変わっても
愛は、情熱は永遠であっていい・・・
老齢の二人が静かにそんなことを囁いて
くれているように私には思えました。
 
 
 
Img_5463_20200422220201
   ルルーシュ監督サイン入りポスターがありました

  
 

観客は大先輩たちがおおよそを占め
私世代は少数派でしたが、高齢の方が
映画館を訪ねこの映画を見ていることは
とても素敵なことと思います。
多くの人に愛と希望を届けていると・・・。
 
 
それにしてもアヌーク・エメの美しさは
笑顔が53年前と変わらずチャーミングで
若い頃の輝きを失っていない・・・
女性のお手本です。

 
 
 
 
 
 



|

« ユーカリのネックレス | トップページ | 廃棄物のバック »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ユーカリのネックレス | トップページ | 廃棄物のバック »