« 初めての葡萄育て | トップページ | ゴッホのひまわり »

さようなら寛斎さん

 
 
Dsc03267
 

3年前、あるパーティーで
山本寛斎さんにお会いしました。
(当時の記事です)
 
 
恰幅の良い、お肌もツヤツヤの寛斎さん。
ちょうどデヴィット・ボウイの回顧展が
開催された時期で、展覧会を見ていた私は
「素晴らしい衣装でした」と思わず声をかけ
図々しくも写真を一緒に撮っていただきました。
 
 
テレビ番組などで情熱的なエキセントリックな
イメージを持っていたので、静かで穏やかな
寛斎さんにちょっと驚いた私ですが
目力は強く、たくましいお体には
エネルギーに満ちていて
そばにいるだけで元気をいただきました。
 

そしてパーティーでは回顧展のチラシを配る
寛斎さん。自ら宣伝をされるお姿に
頂点まで上りつめた方が、
ご自身で動かれる様子に感動しました。
 
 
その後も色々なイベントを企画され
ご活躍してらしたのに・・・。
偉大な世界の宝がまた一人去っていく・・。
でも寛斎さんが残された「情熱」の遺産は
きっとこれからも世界に残っていくでしょう。
 

 
「日本元気プロジェクト2020」
本日7月31日ネット配信されるそうです。
 
最後に寛斎さんの
HPより掲載させていただきます。

長年皆さまに“ファッションを通して元氣になろう!
とお伝えしてまいりましたが、闘病中の今、
身をもって“ファッションには人を元氣にする
チカラがある!!” ということを実感しております。

ファッションは、人の心の奥底にある
“祭り心” に火を付けます。

祭り心とは、生きたい!!愛されたい!!
表現したい!!モテたい!!など、
人が生きていくうえでとても根源的な感情のことです。

私にとって、現在のワクワク・ドキドキは、
一日でも早く退院し、“晴れ着姿のカンサイ” を
皆さまにご披露したいということです。

7月31日、力強いスタッフ陣と、夢に向かって
一生懸命な若い世代の方々と共に、
ファッションを通して、世界中に元氣をお届けします!!

ぜひ皆さまも一緒に本イベントをご覧頂き、
皆様の“祭り心”に火を付けていただきたいと思います!

そして、私も皆さまと共に苦しい時を乗り越えて
いきたいと思います!


 
命を燃やし使い切る」ということを身をもって
見せてくださった寛斎さん。どうぞ安らかに…。
 

⾃然というお⼿本がある。⼦どもたちという未来がある。 

|

« 初めての葡萄育て | トップページ | ゴッホのひまわり »

芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初めての葡萄育て | トップページ | ゴッホのひまわり »