« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

ワーズワースの水仙


Dsc04378


この時期、鎌倉では野生の水仙があちらこちらで
見かけられます。我が家の周辺にもたわわに
花が咲き始めました。
 
 
今年は八重咲きの水仙がたくさん見られ
理由はよくわかりませんが
その年によって多く見かける水仙の種類が
変わるように感じます。
 
 
水仙の魅力は何と言っても「香り」
その甘くて上品な香りは春の到来を感じ
幸せな気持ちにさせてくれます。
 
 
昔イギリスの湖水地方へ行った時も
霧の中から黄色の水仙の群生が現れ
感激しました。水仙がこんなにも美しく
香り立つ花だったことを知った瞬間です。
その際買ったこの一輪挿しには
ワーズワースの有名な詩が描かれています。
 

 私は独り、さまよい歩いた。
 谷や丘の遥か上に浮かぶ雲のように。
 そして突然、たくさんの金色に輝く水仙を見た。
 それは湖のほとり、木々の下で
 風にそよめき、踊るように揺れていた。(S訳)


Dsc04375-2  


金色に輝く水仙・・・
100年以上前、ワーズワースの見た水仙を
今も見ることができる国イギリス。

鎌倉でも朝早く起き散歩していると
そんな幻想的な場所に出会うことがあります。
改めてワーズワースを読みたくなりました。

 
 

 


 
 

| | コメント (0)

さようなら、キャプテントム

 

Img_6015

 
イギリスのヒーロー、キャプテン・トムこと
トム・ムーア氏が昨日100歳で亡くなられました。
 
 
約一年前、コロナで世界が止まった時
無償で医療提供するNHS(国民保険サービス)
のために何かできないだろうか・・
と考えたトムさん。
自宅の庭を100往復するチャレンジをして
寄付金を募ることにしました。
当時99歳のトムさんは、歩行器を使いながら
雨の日も毎日自宅前の道を歩きます。
(無償で医療を受けられる国、驚きです!)
 

それがBBCなどで取り上げられると
全国・全世界から寄付やカードが集まり
なんと3279万4701ポンド(47億円)を集めました。
 

Dsc03064_20210224192901
    歩行器を使って毎日歩かれたトム氏
Dsc03058_20210204153901
      100歳のバースデーカードは
   世界中からこんなにたくさん送られました!
 
 

コロナ危機で感染者が病院にあふれる光景を
自分の戦争体験を重ねたトムさんはこう話されてます。
「チャレンジを始めた時こんなに寄付が集まるとは
思わなかった。NHSはとても勇敢です。毎朝・毎晩
彼らは自分たちの命を危険にさらしているからです。
私たちは彼らの努力に対して評価を与えなければ
いけない。私たちは今戦争をしているようなものです。
医師と看護師は最前線にいて私たちは後ろにいます。
私たちは彼らが良い仕事ができるよう、必要なものを
補給してあげなければなりません。」
 

その功績をたたえ、エリザベス女王から
勲章も授与され「キャプテン・トム」から
「サー・トム」へ。100歳を無事に迎えられ
まだまだご活躍されていた中、コロナに感染。
天国へ召されました。

 
Dsc04288
 

トムさんへの敬意と感謝を表すため
この日イギリス全土で拍手が送られました。
NHSをはじめ多くの一般市民、
ALSや難病に苦しむ子供達も拍手。
そして彼らはトムさんに習い、自分でチャレンジの
目標を設定して未来へ向かって歩んでいます。
 
 
日本では見られないこのような光景ですが
一般市民が、クラウドファンディングなどを使い
チャレンジをして基金を集める。
それはチャレンジャーにとっても
資金を寄付する人たちにとっても
良い仕組みだと思えます。
 
 
このトムさんの最後のチャレンジは
多くの人の心に残り続けることでしょう。
Thank you Sir Tom Moore .

BBCで紹介されています。
 
 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »