« 薔薇のティータイム | トップページ | 紫陽花のお風呂 »

ファーザー

 
Dsc05152  

映画「ファーザー」。
父親役はアンソニー・ホプキンス
娘役にオリビア・コールマン
この二人は本年度アカデミー賞主演男優賞・女優賞を
受賞しています。ワクワクして観に行きましたが
その期待を全く裏切りませんでした。
 
 
イギリス・ロンドンで一人暮らす老いた父は
認知力が衰え、過去の記憶と現実が交錯します。
ヘルパーや娘の力を借りながらも、その症状は
日々悪化していき娘は施設に入れようとしますが・・
 

Dsc05135
  娘やヘルパーの女性の力を借りますが限界が
 
 
幻想なのか現実なのか
認知症の父親の立場から作られている作品は
「認知症ってこういうことだったのか・・」と
とてもリアルに教えてくれます。
これは是非多くの人に観ていただきたい。
経験したことのない「認知症の思考」を
とてもリアルに見せてくれています。
 
 
ホプキンスの演技はもう圧巻で主演男優賞も納得!
彼はインタビューでこう語っています。
「人が私のことを何と言おうと何と思おうと
私は私であり私は私のすることをする。

私は何も期待せず、全てを受け入れる。
そうすると人生がとても楽になるのです。」
 

そしてもう一つ特筆すべきは主人公のホプキンスが
住んでいるロンドンの自宅のインテリア。
これが本当に素晴らしい。
センスが良く、なんて素敵なんだろう〜と
うっとりと観てました。
ただここにも仕掛けがあるのですが・・。
 
 

Dsc05133
Dsc05138
Dsc05148
 ネオクラシックと言うのでしょうか素敵なインテリア!
 


 

一種のミステリー、一種の家族愛。
久しぶりに映画の持つすべての要素を堪能した
作品でした。ぜひご覧ください!

 
 
 
 
 
 
 
 


|

« 薔薇のティータイム | トップページ | 紫陽花のお風呂 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 薔薇のティータイム | トップページ | 紫陽花のお風呂 »