« さようなら、フィリップ王配 | トップページ | 薔薇のティータイム »

スズランのプレート

 
Dsc04969-3

 
5月1日は「JOUR des MUGUETS ミュゲの日」。
フランスでは大切な人にスズランの花を贈る日。
その昔、シャルル9世が宮廷の女性たちに
贈ったことから始まり、一般市民には
19世紀の終わり頃から広まった風習だそうです。
この日は誰でもスズランを販売して良いそうで
子供達が森で摘んできたスズランを通りで
売っていたりするそうです。可愛いですね♪
 
 
でも実は毒性があり体内に入ると嘔吐・心臓麻痺など
生命にも関わる危険性が・・。
スズランを花を活けた水にも毒が浸透するので
お子さんなど誤って口にしないよう
気をつけてください。


スズランの花言葉は純粋・純潔・純愛
百合のような甘い香りがロマンティック。
先日購入したASTIER de VILLATTEのプレートを
テーブルに置いてみました。
美しすぎて食べ物を置く気分になれず
カード置きにしてみようかしら・・。
 
 
ほんのり甘いスズランの香りと共に
フレンチシックにこのステイホーム連休を
過ごす予定です。
皆様もどうぞ良い休日をお過ごし下さい。
 
 



 
 
 

 

|

« さようなら、フィリップ王配 | トップページ | 薔薇のティータイム »

暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さようなら、フィリップ王配 | トップページ | 薔薇のティータイム »