« アナザーラウンド | トップページ | ミナマタ »

ベジャールのボレロ

  
Img_7172

 

あのモーリス・ベジャール・バレエ団
コロナ渦で延期となった公演を日本で開催。
一度は観たかった「ボレロ」を演じてくれるので
バレエを習っている姪と観に行ってきました。
 
 
3部構成で最後にラベルのボレロが演じられます。
始めはゆっくりとした動きから徐々にテンポアップ。
素早い動き、手先の動き、大人数で合わせる動き・・
皆同じ動きだけれど一人一人はきちんと主張していて
個性がちゃんと感じられます。
ラストへ向かっていくパフォーマンスは圧巻で
今、この瞬間しか観れない一期一会。
釘付けで見入ってしまいました。
 
 
終了後はカーテンコールに何度も出てくれて
演者と観客が一体となり、心が一つになったような
そんな温かい空気に会場は包まれました。
人間の限界を超えた動きは私たち観る者にも
たくさんの勇気を与えてくれます。

 
創始者の故ベジャール氏は
「舞踏とは人間と人間の結合であり
人間と宇宙の結合であり
人間と神との結合なのです。」と述べられています。
 
 
人間はここまで限界を超えることができるのか・・
いや、限界とは単に自分が作っているだけで
本当はないのかもしれない・・
そんなことを感じた一夜。
若き姪っ子にはどんなふうに見えたかしら。 
 
 
Img_7163-1
     通常ありえない動きが多々!
    ダンサー達の筋肉は神々しく見えました

 
 
ユーチューブで少し観ることができます。
ご興味のある方はこちらをご覧くださいませ。

https://www.youtube.com/watch?v=aIkbEosGr8c

 
 
Img_7146
   前川國男建築の大変美しいホールでした

 

 

 

 


 

|

« アナザーラウンド | トップページ | ミナマタ »

芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アナザーラウンド | トップページ | ミナマタ »