暮らし

佐伯チズという人

 
Dsc03145   
 
ALSを患ってらした佐伯チズさんが
亡くなられました。 病気を公表されてから
あまりに早いご逝去でした。
 

私は以前チズさんの美容講座に
伺ったことがあります。
70歳を超えていらっしゃるのにとってもパワフル!
講義では少しも滞ることのない滑舌と
持論を説明される姿は圧巻でした。
 

そして「ローションパック」さえきちんとすれば
こんな肌になれるのよ! と、ご自身のお顔を
受講者全員に触らせてくださるのです。
透明感のあるツヤツヤもちもちの肌。
それはシミ一つない本当に美しい
柔らかく吸い付くようなお肌でした。
 

いくつかチズさんの格言をお伝えしましょう。

・キレイの五原則

   1.食べること(旬をいただく)

   2.噛むこと(左右対称に噛み噛みグセをなくす)

   3.五感識を常に意識

   4.両手文化(クレンジングなど両手を使う)

   5.年齢は関係ない、続けること

・片手間でやると片手間な顔になる

・クセを治す(噛みグセ、眉間のしわなど)

・好きな人を想う・・・タダの美容液!
 
・グチではなく意見を言える女性に
   (性格は変えられるのだから)



「自分の意思がキレイを作る」
ご自分にも人にも厳しく
愛することを大切にされた生き方は
多くの女性に美と力を与えられたことと思います。
どうぞ安らかに・・・。
 

Dsc03141
       書かれる字もお顔と一緒、キレイです
 
 
 




| | コメント (0)

菜の花のカード

 
Dsc03057

 
千葉に住む短大時代の友人から
素敵な菜の花カードが届きました。
 

菜の花は一般公募で千葉県の県花として
選ばれたそうです。
届いた日は偶然にも緊急事態宣言が解除された日。
 
 
ずっと県内の特定の場所にしか
出かけていなかったので、このカードで
とても明るい気分になれました!
 
 
これからはコロナと共に生きる時代。
英国退役軍人トム・ムーアさんは
99歳(現在100歳)という高齢ながら
歩行器を押し、ご自宅の庭を
100往復するというチャレンジをして
なんと40億円も集め、医療従事者に全額を
寄付されました。その功績が認められ
エリザベス女王から勲章を授与されています。

 
Dsc03065
      この方がトム・ムーアさんです
Dsc03058
100歳のbirthdayには1000枚を超えるお祝いカードが!
 

コロナから見えてくるものは
恐怖だけでなく新しい暮らし方や生き方。
トムさんが当時BBCインタビューに答えていました。
 「明けない夜はないのです」
「The night is long that never finds the day.

(マクベスのセリフからの引用されたもの)
 
 
この言葉が心に響く数ヶ月でした。
そしてこれからも続きます。
 
 

 
 

 

| | コメント (0)

バラのジャムとスコーンと

 
Dsc02887

 
先日、鹿児島産のイチゴとダマスクローズで
作られたジャムが届きました。
門倉タニアさんの工房が作られたものです。
 
 
ジャムには鹿児島の鹿屋にあるバラ園
ダマスクローズのローズウォーターや
ペタルが入っているそう。蓋を開けると
ほのかなバラとイチゴの香りが
溶け合って、とても上品で夢心地♪
 
 
Dsc02891-1
 
 
さっそくスコーンを焼いて
クロテッドクリームといただいてみました。
バラジャムは初めてでワクワク。
なんとも上品な甘みと香り高く
とってもエレガントなお味。ちょっと
マリー・アントワネット気分かしら(笑)
 
 
ボックスにはイラストレーターの
マツモトヨーコさんの可愛らしい絵が
描かれ一匹の青い蜂が飛んでいます。
「ブルービー」は「幸運を運ぶ蜂」
とされているそうです。
空き箱に何を入れようかしら〜と
食べた後も楽しめそう。
 
 
素敵なバラジャムでした♪
家ごもり中、バラの香りと焼きたてスコーンで
ゆっくりと過ごすことも良い時間です。

Dsc02893-1
  素朴なスコーンがバラジャムで高貴なお菓子に!!

 

ちなみに「ダマスクローズ」は
「バラの女王」と呼ばれ
バラの中でも最も香り高いバラだそうですよ。

 

 


 
 
 

| | コメント (0)

ケータリング結婚記念日


Dsc02918_20200420220401


満開の桜の木の下で結婚式を挙げてから
26回目の結婚記念日を迎えました。
毎年記念日にはディナーに出かけますが
緊急事態宣言前ではあったものの
自粛ムードのためどうしようかな・・と。


たまたま昨年のブログでご紹介した
Akizuki」のお店の前を通りかかったら
オーナーに会い「ケータリング始めたんです」
とのこと。「ではぜひ結婚記念日に! 」と
注文をしました。「わかりにくい場所なので
迷ったら赤い扉の家を探してください」と。
 
 
当日お待ちしてましたら、
すぐにわかられたようで「可愛いお宅ですね〜」
と我が家を褒めてくださり
「結婚記念日おめでとうございます!」と
袋に入ったお料理を手渡して下さいました。
 
 
ワクワクして開けますと・・・
いつもお店でいただくメニューが
テイクアウト用のパッケージに綺麗に
セットされてました。
 
 
Dsc02814 
Dsc02829
 

メニューは・・・

4月10日おうちでAkizuki

 ・自家製ドライトマト
 ・野菜のピクルス
 ・筍パルミジャーノロースト
 ・三つ葉と筍のフリッタータ
 ・フキ・スナップエンドウ・そら豆・かき菜
 ・八丈島・モッツァレラチーズ・柑橘
 ・ホタルイカコンフィ
 ・舞鶴土海老マリネ
 ・シチリア豚ボイルハム
 ・萩一本釣りお魚のロースト
 ・葉山牛ロースト
 ・伊豆天城軍鶏ロースト
 ・ジャガ芋ロースト
 ・Akizukiの天然酵母パン
 
 
お店でいただくのとは違って、できたてをすぐに
いただくことはできませんが、
温かくすべきものはオーブンで温めて
できるだけシェフの意図を崩さずいただきました。
 
 
Dsc02844
 
名刺の裏には素敵なメッセージが書かれていて
心遣いを感じます。
 
Dsc02959  

 
こんな時だからこそおうちで楽しく
過ごすことは大切です。
今、苦しい思いをしている方は
世界中にたくさんいらっしゃいます。
非常時をいかに平常心で粛々と
工夫して、助け合い、過ごしていくか・・・
明けない夜はない・・・
今、私たちは神様に試されているのかも。
 
 
26年目を二人で無事に過ごせたことに
感謝しかありません。
 
 
Dsc02850
   デザートはシェリーの器でいただきました♪
 
 

ちなみにケータリングは鎌倉市・藤沢市・逗子市を
受けていらっしゃるそうですよ。

 

 

 
 
 

| | コメント (0)

青い空

 
Img_5593

 
今、家での過ごし方を多くの方が
工夫されていらっしゃることでしょう。


世界中でロックダウン状態。
BBCニュースなどを見ていると
人の気配を全く感じない世界の様子は
これは映画?・・・と思ってしまいます。


我が家は幸い北鎌倉の山の中にあるので
日頃から風の通りも良く
普段とあまり変わりませんが
それでも「換気」には気をつけ
できるだけ風通しよくしています。
 
 
Img_5591-1
 

インターネットの登場で
世の中は劇的に変わりました。
ボタン一つで翌日にはモノが手に入ります。
格安チケットで多勢の人が空を往来できます。

 
でも手に入ったものが多いほど
失うものも大きいのかもしれません。
今、外出もままならず
お家で過ごす家族の時間。
一番大事なものは何なのか・・・。
 
 
ぜひ空を見上げてください。
最近の関東は青い空が本当に美しい・・
産業・移動が減り、二酸化炭素など激減。
宇宙からはとても美しい青い地球を
見ることができるそうです。
 
 
「グローバル化」がもてはやされる中
「ちょっと考えてみて・・・」と
神様が言ってくれているように
私には思えるのです。

 

Img_5575-2
 近くの学校のアイドルは何を見ているのでしょう


 
 
 

 
 
 
 
 

 

| | コメント (0)

けんちん汁


Img_5669_20200422211501
 

この連休はお天気も良く
ウィルス問題で驚くほど閑散としていた鎌倉も
少し人が増えてきました。
 
 
まだ閑散としていた頃
ランチをいただきにお散歩がてら訪ねた
「点心庵」は建長寺の入り口にあります。
木造の質素な建築は清貧な雰囲気。
屋内も畳敷にテーブルと椅子。
窓からは建長寺が見えます。
 
 
お客様も少なくほぼ貸切状態で
ゆっくりお食事をいただきました。
メニューはけんちん汁の他パスタなどもあり
やはり建長寺といえばけんちん汁かなと
おむすびセットとお蕎麦をオーダー。
胃に優しくとても美味しくいただきました。
 
 
Img_5664
   けんちん汁はすべての具材皮付きでした
 
Img_5666
       こちらはけんちん蕎麦です
 
 

けんちん汁は昔、小坊主さんが豆腐を誤って
落としてしまい崩れてしまったところ
和尚さんが「気にしないよう」と
その豆腐を使って汁を作ったことが始まりと
言われているそうです。


店内は作家さんの作った陶器や書画があり
小さなお庭に面して丸窓からは美しい景色。
心休まるひと時を過ごせました。
 
 
Img_5673
     とても気持ちの良い空間です

 
 
ヘルシーなお食事をいただき清々しく
ちょっと心身が綺麗になったような感覚・・・。
箸袋の中には食事五観文が書かれていました。
 
 
 
食事五観文

 
一つには、功の多少を計り、彼の来処を量る。
   (この食事が食膳に運ばれるまでには
  幾多の人々の労力と神仏の加護によることを
  思って感謝します)

 

二つには、己が徳行の全欠をはかって供に応ず。
    (私どもの徳行の足らざるに、この食物を
   頂くことを過分に思います)


三つには、心を防ぎ、過貪等を離るるを宗とす。
    (この食物にむかって貪る心、
   厭う心を起こしません)
 
 
四つには、正に良薬を事とするは形枯を
療ぜんが為なり。
    (この食物は、天地の生命を宿す良薬と
   心得て頂きます)
 
 
五つには、道業を成ぜんが為に、将にこの食を
うくべし。
    (この食物は道業を成ぜんが為に頂くことを
   誓います)
 
 
 
日々なにげなく食しているものたちが
愛おしく感じられた午後でした。
 
 
Img_5493
  人も車も少なく静かな澄んだ空気の建長寺
 
 
   
 
 
 

 

 
 
 

| | コメント (0)

廃棄物のバック

 
Dsc02611
 

最近は環境に配慮してエコバックを持つ人が
多くなっていますね。春にはスーパーの袋も
有料や廃止となるようです。


イタリアのテキスタルデザイナー
Luisa Ceveseさんは
廃棄されるたくさんの織物に矛盾を感じ
生地の切れ端などをリサイクルして
プラスチックに挟むという独自の技法で
おしゃれなバックを作っています。
 
 
Dsc02624
  プラスチックに挟み込まれた生地と糸が特徴
 
 
とにかく軽くて実用的、しかもオシャレ!
私は随分前から愛用していて
今回たまたま彼女のロゴバックを見つけ
購入しました。
 
 
今回のものは大変シンプルですが
I LOVE WASTE,
WORKING WITH WASTE」
「私は廃棄物が好き、
廃棄物を使った物作りを楽しんでいます」
と、彼女のメッセージが描かれていて
強い意志と情熱を感じます。
(ここで彼女が言っている廃棄物とは
日本のHOSOOという会社で使用された
布の廃棄物だそうです)

 
彼女のバックは
セレクトショップなどで扱いがあるので
見かけられたらぜひお手に取ってみてください。


LuisaさんのYouTubeはこちらから
視聴もできます。とてもチャーミングな方ですね。

  
Dsc02615-1
       長年愛用のバックとポーチは軽くて便利!

 

 

 
 
 
 

 

| | コメント (0)

ユーカリのネックレス

 

Dsc02535
                     
 
 
先日、私の?歳のバースディに
素敵なプレゼントをいただきました。
OL時代 (もう死語ですね...汗) の友人からの
手作りのネックレス。
 
 
以前このブログでもご紹介しましたが
大好きな花の道に歩み、ドライフラワー作品を
制作販売をしています。
今回プレゼントしてくれたのは実のようですが
ユーカリの花の咲いたあとの状態で
作られています。白い部分はまるで
絵の具で塗ったかのようですが
自然のままで素朴なあたたかい感じ。
 
 
ユーカリの原産地はオーストラリア。
ユーカリの種は山火事を経験した後の
降雨によって発芽するといわれています。
今ようやく終息に向かっていますが
この火事からも、きっとユーカリは
立ち直るのでしょう。
花言葉は「新生・再生

 
私自身も「新生・再生」を繰り返し
最後までより良き人生を生きていきたいと
心から思う誕生日です。


Thank you!! Rちゃん!

 

 

追記

たまたまコアラのマーチを検束したら
今「コアラのマーチ」を買うと
一部が義援金となるそうです。
(すでに多くの寄付を
ロッテさんはされているようです。
関連記事)
 
 

 
 
 

| | コメント (0)

新年会

 
 
Dsc02350_20200131232601
 
 
 
今年はメンバーの都合などで
クリスマス会ではなく新年会を開催。
初新年会なので和食にしようか・・・
とも思いましたが慣れていないので
門倉タニアさんのレシピで
ドイツ料理としました。
 
 
Dsc02360
 選んでくれた美味しいシャンパンで始まります
Dsc02366
     りんごとにんじんのサラダ
Dsc02369
    採れたてマッシュルームのサラダ

 
前菜は夫のマーマレード大会金賞作品を
召し上がっていただきながら
ワインやオードブル、そしてお友達のご実家の
農園から採れたてマッシュルームを送って
いただき、スープとサラダにしました。
 
 
メインは鶏肉とザワークラウトの煮込み。
ザワークラウトって火を通しても美味しいのです。
 
 
Dsc02373
 
 
そしてデザートは予約しないと買えない
スペシャルケーキ!
これが食感といいお味といい絶品でした。
 
 
Dsc02377
  今まで味わったことのない極上の食感でびっくり!

 


ゲストの一人が山で遭難した話など
今回は盛りたくさんの内容で時間が足りない!
年に一度ですがこうして一緒の時間を過ごすって
やっぱりいいなぁ〜と心から思います。
さあ、次回はどんなビッグニュースが
あるでしょう。楽しみです♪

 
 
Dsc02403
友人の美しい手作りリースは最近販売も始めたそう!
 
 
 
 
 



 

| | コメント (0)

北鎌倉の隠れ家レストラン

 
Img_5395
        清潔感のある店内Akizuki

 
私の住む北鎌倉は変わらないようで
じわじわと変化するところです。
昔あったお店も代替わりでクローズしたり
周りの自然に溶け込む渋めの美しい佇まいから
全然違う派手な看板のお店になったりすると
「ああ、お前もか・・」と失望。
 
 
そんな地元にひっそりとできたお店「Akizuki」
以前江ノ島の「ロアジ」という有名店を
していらした秋月シェフがお一人で
お客様と対話しながら作りたい・・・
という信念のもと作られた12席のお店。
 
 
コンクリートむき出しと木の椅子やテーブルが
清潔で心地良く、カウンターから丁寧な仕事を
しっかり観ることができます。
作り手としてはごまかせないですし
作る過程を見せながらというのは
プレッシャーもあるかと思うのですが
黙々とテキパキと作られ、何か質問すると
丁寧になんでも答えてくださいます。
 
 
Img_5409
Img_5427
Img_5430
 
一品ずつ作られていく過程は
見ていて楽しく、食べて美味しく、
質問などにも気軽に答えてくださり
とてもリラックスしながらいただけました
 

Img_5437

Img_5434
Img_5393
Img_5439

何品も出してくださりお腹いっぱい!
まるで懐石料理をいただいているよう。

Img_5446
  夫の誕生日でしたので特別アレンジをしてもらい
           居合わせたお客様からも
  おめでとう!と祝っていただきました。
 
 

何度でも行きたくなる・・
そんな静かで素敵な大人の空間。
北鎌倉おすすめのお店です。
(要予約)



Img_5454-1
     北鎌倉の町に溶け込む外観です

 

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧