芸術

おいしい人生

 
Img_5286
  無名塾は仲代さんのご自宅兼稽古場です
 

毎年恒例となっている仲代達矢さん主催
無名塾コミュニケーションパーティーに
参加しました。
稽古場で開催されるファンとの集いです。
毎年塾生たちが趣向を凝らし
景品付ゲームをやったり、次回公演の紹介
そして飲み物や仕出しが振る舞われます。
最後に主催者の仲代達矢さんが登場し
スピーチされてお開き。もう何十年と
続けられています。
 
 
Img_5466
 

出版物なども販売され「おいしい人生をありがとう
という一冊の本が目にとまりました。
仲代さんの奥様、宮崎恭子さんが
1999年に書かれた本の復刻版。
恭子さんは生前作家、演出家として
無名塾を支えていらした。
表紙や中ページには懐かしい恭子さんの
イラストと文章が添えられています。
 
 
 さんきゅう 三十九年間
 さんきゅう 明日から四十年目

 たくさんの役
 あなたは輝いていた
 たくさんの作品
 あなたには想いがあった
 才能があった

 一緒にやってきて 私
 面白かった
 堪能した
 おいしい人生をありがとう

 これからもずっと
 ずっとよろしく

  
  一九九六年 四月二十二日
  結婚記念日

  恭子


この詩を書かれた二ヶ月後恭子さんは
旅立たれました。
 
 
Dsc02281
無名塾にお問い合わせ頂ければ購入可能かと思います
 
 
 
実は30年ほど前、佐賀で地方公演中の
仲代達矢さん、恭子さん、山本圭さん達と
偶然同じ料亭で一緒になり、仲居さんに
「大ファンなんです・・・」と言ったら
お部屋まで連れて行ってくださり
10分ほどですがご一緒させてもらいました。
 
 
仲居さんがお料理を運んでくるたびに
「ありがとうございます」と敬語で
一回一回お礼をおっしゃる仲代さんに
感動したことを覚えています。
「実るほど頭を垂れる稲穗かな
まさにそのものでいらっしゃいました。
 
 
今も無名塾には恭子さんの絵や詩・写真が
沢山飾られていて、ここには
恭子さんはいらっしゃる・・・。
そんな気配が感じられます。
 
 
Img_5464
     モノクロ写真は恭子さんです
 
 
 
スピーチで仲代さんは「後何回できるか・・と
思いながら続けています。最後と思いつつも
あの芝居もやりたい・・と欲が出てきます」
「欲」は大事。欲がある間は大丈夫。
ぜひぜひ続けて欲しい。
 
 
Img_5478  
 

仲代さんの存在そのものが
私たちに力と勇気を与えてくださる。
恭子さんのように最期の時
おいしい人生をありがとう」と言えるよう
一日一日を大切に生きよう。
心からそう思います。


 
  
 
 
 
 

| | コメント (0)

スティングコンサート 2019

 
Img_5023  
 
スティングのコンサート。
今回は幕張メッセでの
ビッグな場所での開催です。
いつもは武道館などで開催されるので
メッセ会場?と入ってみると
まあとても広〜いフラットな会場で
パイプ椅子がずらりと並んでいました。
 
 
始まった途端、観客は一斉に総立ち。
ああ、こうやって観るんだ・・・と
背の低い私は爪先立ちっぱなし(汗)
かなり疲れましたが素晴らしい音楽に
十分酔いしれることができました。
 
 
Img_5035
 
 
それにしても御年68歳とは思えない
一切緩みのないボディ。
私は20年ほど前から観るようになったのですが
声も高いキーも全く変わることなく
強いて言えば目尻が優しくなったような・・・?
円熟し、心から楽しそうに歌っている姿は
彼の才能はもとよりたゆまない努力の賜物と
心から尊敬してしまいます。
 
 
Img_5050


うん、私も頑張ろう・・・!
そんなエネルギーをいっぱいもらった夜でした。

 
 
 
 
 

 

| | コメント (0)

魂がふるえる・塩田千春展

 
Img_4962
 
 
魂がふるえる」という文字を目にした時、
いったいどう震えるのかしら?と
思いました。
実際に作品群を見てみると
慟哭が聞こえるかのような、心に刺さる作品たち。
今までたくさんの美術展を見てきましたが
これほどダイレクトに心に刺さる作品は
他に類を見ません。

 
Img_4961
細い糸一本一本が良くも悪くも人間の思考のよう
 
 
 
塩田千春さんというアーティストは
今回初めて知りました。ベルリンで活躍の
アーティスト。それは前衛的でまさに
魂がふるえ、揺さぶられました。
 
 
塩田さん自身のいろいろな経験から
記憶・不安・夢・沈黙などを
形として表現するパフォーマンンスや
インスタレーションでご活躍されてます。
 
 
Img_4971  
 
Img_4978
 
 
その作品群はどれも繊細で心に突き刺さる
強烈なメッセージを発しています。
苦しみや悲しみ・孤独・怒りなどの表現として
こんな見せ方があるのか・・・と驚かされ
彼女の声が聞こえてくるようです。
 
 
Img_4981  
 
Img_4985

 
 
作品はとても大きく、広い美術館のスペースに
ゆったりと展示されてますので
ぜひその空間に身を置いて、自分が何を感じるか
ゆっくり体験して見てください。
10月27日まで森美術館で開催中です。
 
 
 
 
 

 

| | コメント (0)

マリアノ・フォルチュニ展

 
Dsc02071  
 
画家であり、版画家・舞台芸術・写真家
そして服飾デザイナーというまさに天才!
こんな人がいたなんて・・・驚きです。
 
 
36年の一生涯で、ジャンルを超えいくつもの
芸術を生み出し、それはどれも気品があり
前衛的で美しい・・・。
今見ても古臭くなく「欲しい!」と思って
しまいます。
 
 
Dsc02075
    ライティングにこの繊細で前衛的な
     フォルム・デザインは圧巻でした!
 

 
たくさんある作品の中にはドレスもあり
シンプルながら手の込んだプリーツは本当に美しい。
「これってダウントン・アビーみたい・・」
と思って見ていたら、なんと主演ミシェル・ドカリー
自身が着用したデザインそのものだったので
驚きです。当時の貴族階級が着ていたのですね。
それは見事なプリーツでした。
今から100年前に女性をコルセットから解放し
自由に美しく進化させた人なのです。
 
 
Dsc02073
 画像では分かりにくいですが繊細なプリーツドレスは
 女性の体を自由に美しく表現したことでしょう




三菱一号館美術館で10月6日まで開催。
ぜひ天才フォルチュニの美しい作品群を
ご覧ください。彼に200年生きて欲しかった・・
そうしたら世の中はもっと美しいものに
なっていたかも・・そんなことを思った私です。
 
 
 
 
 
 



| | コメント (0)

王様と私


Img_4951  

初日に観てきました「王様と私」
その昔、ユル・ブリンナーとデボラ・カーの
ミュージカル映画を見て、なんて素晴らしい!
いつか舞台で見て観たいと
心に温めていた作品の一つです。
 

渡辺謙さんが王様を演じることにも
大変興味がありました。
以前NHKのドキュメンタリーで
彼の練習風景に密着した番組があり
そこで血を吐くような稽古をしながら
アメリカのスタッフとなかなか意思疎通が
うまくいかないジレンマと戦っている姿は
自分を追い込んでも追い込んでも足りない・・
そんな悲壮感が見えました。
 
 
そんな中、ついにブロードウェイの幕が開き
ある日仲代達矢さんがお一人で舞台を
観にいらしたそう。仲代さんは毎年のように
ブロードウェイでの舞台を観ることにされていて
謙さんの「王様と私」もご自分でチケットを買い
こっそりご覧になったそうです。
 
 
スタッフが気づき、公演後楽屋に案内された
仲代さんは一言「辛いな・・・」と声をかけ
謙さんは「はい、辛いです。」と返されました。
その会話が全てを語っていました。
同じ俳優として、舞台人として
その重責を全身全霊で抱えるお二人にしか
理解し得ないことがあったことでしょう。
今回舞台を観て、その意味が素人の私でも
少しわかったように思います。
 
 
今回アメリカ人とのチームワークは
とても良い感じに見えました。
公演後舞台挨拶があり、謙さんは
「突然日本語ですみません・・」と
感謝と意気込みを語り
演出のバートレット・シャー氏は感じ良い紳士。
家庭教師役のケリー・オハラさんが素晴らしい!
おそらくジュリー・アンドリュースのような
ミュージカルスターになるのではと期待します。
 
 
オーケストラも舞台装置も完璧。
小倉智昭さんと笠井さんがいらしてましたよ。
日本が世界のレベルとなるためにも
多くの人に観てもらいたいな・・・と思います。
当日券も多少あるようですので
ご興味のある方はぜひ!
 
 
 
 


 
 

 

| | コメント (0)

ザ・ローリングストーンズ展

 

Img_4692


 
行ってきました「ローリングストーンズ展
私は彼らの曲など詳しくはないのですが
歴史・ファッション・スタイルなどが
よくわかる構成になっていて面白かったです。
 
 
最初の導入がユニークで彼らが無名だった頃
住んでいたアパートから始まります。
いかにもイギリスのアパートに暮らす男の子
といった感じですごく散らかっている(笑)

 
Img_4693

Img_4728
 スーツ姿が初々しい・・こんな頃もあったのですね

Img_4697
          この写真が一番好きでした♡
 
 
使用していたギターやドラム
ステージ衣装などの展示。
数々の写真やミックの作詞ノート
ロニーの直筆セットリストなどは
とても興味深く観ることができました。
 

Img_4707_1
 
Img_4724-1_1

Img_4731

Img_4732
  「イメージは大事だよ。とかくミュージシャンは
  肝心なのは音楽だけなんて言いたがるけど違う。
  何を着てどんなルックスで、どう振る舞うか
  そういうもの全てが肝心なんだ」 ミック

Img_4740
      ロニーのセットリストです

 
 
71歳〜77歳のやんちゃなおじさん達は
今もなお現役でトップを走り続けています。
その陰には才能は元より限りない情熱と努力が
流れていることを全身全霊で見せてくれています。
 
 
5月6日までTOC五反田メッセで開催。
平成最後の3日間は、なんと平成生まれの人は
入場無料だそうですよ!!
老若男女同世代の人も、よく知らない平成の若者も
時代を作ったアーティストの勇姿を
目に焼き付けてください。


Img_4743
       心臓手術をするミックへの
    応援メッセージコーナーがありました
 
 
 
・追記 ミックの手術は無事に終わったそうです
 
・追記 なんと好評につき会期が6月5日まで延長
    されたそうです!
    

 

 
 
 

 

| | コメント (0)

アルヴァ・アアルト展


Dsc00051



葉山にある神奈川県立近代美術館で
「アルヴァ・アアルト展」を観て来ました。



北欧文化に関して私はあまり詳しくないのですが
シンプルな家具やインテリアは温かく人間味があり
自然との調和を感じます。
アアルトは建築家であり、照明や家具などインテリアも
数多く手がけています。
私たちが現代、普通に目にしている家具も
アアルトのデザインしたものも多く
いかに普遍的で人間的なデザインを追求したか
今回の展覧会では感じることができました。



美術展ではアアルトの家具に実際に触れたり
触ったりできる部屋があります。
椅子の座り心地、背もたれや座面の傾斜など
とても人体に配慮された設計と、木のぬくもり、
あたたかさを感じます。
 


Dsc00064
         自由に椅子に座れます
Dsc00054
      照明も数多くデザインしています
Dsc00053
このイッタラの花瓶、アアルトとは知りませんでした(汗)
Dsc00062




今、おしゃれで素敵な椅子は沢山あります。
でも、老若男女・背の高い・低いに関係なく
万人に心地よい椅子や家具って・・・?
アアルトの人に寄せる優しい思いが
建築となり、家具となり、人を照らす照明となり
部屋を飾る小さな花瓶となる・・・
人間主体の北欧文化に
改めて敬服した一日でした。




神奈川県立近代美術館葉山では
11月25日までの開催。
その後、名古屋美術館
東京ステーションギャラリー
青森県立美術館を巡回予定。



Dsc00067
 小雨模様でしたが夏とは違う、静かな葉山の海でした







 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェーン・バーキン コンサート2017

 
153
         画像お借りしています
 
 
 
ちょっとイギリス話は一休みして・・・
19日にジェーン・バーキンのコンサートが
オーチャードホールで開催され行ってきました。


今回はオーケストラとのコラボ。
亡き夫ゲンズブールの曲が
フルオーケストラとどんな風になるのか・・・
期待が高まります。


観客も年配の方から若い女性、
男性お一人の方など本当に幅広いファン層です。
15分ほど遅れて始まりました。


いつもと変わらないシンプルスタイル。
真っ白なシルクサテンのブラウスと
グログランリボンがサイドに入った
黒のパンツ、左手にはエルメスの時計。
全23曲を時に笑顔で時に涙で歌ってくれました。


前回のコンサートと比べると
高音域が出なかったり
舞台を走り回るような光景は消えましたが
その代わりに、笑顔が増えたかも・・・。
今回は前から3番目の中央という
スペシャルな席でしたので
目力までちゃんと見えました!


何度もアンコールに応えてくれて
最後はジェーン、オーケストラの人達、ピアニストのノブ
そして観客が一つの宇宙を作ったような・・・
そんな清らかな幸せな空気感に包まれたのです。


帰る時、ご年配の女性お二人が
「あの笑顔が素敵なのよね〜!」
「あの笑顔が魅力よね〜!」
と会話してらした。

 

20170117_janebirkin
          満面の笑顔が魅力的!



決して声量があるとは言えないし
歌の上手な人はいっぱいいると思います。
でも、今回つくづく感じたことは
「歌う」ことは「表現する」ということ。
フランス語は全くわかりませんが
彼女の表情や声を聞いていると
ちゃんと内容が伝わってきてしまう・・・。


ジェーンはその自由な生き方や
ファッションスタイルに注目されますが
サラエボやコソボ、ミャンマーなど
戦禍や独裁の中にある国など
数々の人道支援をしています。
東日本大震災の時は
外国人の消えた日本に来て
被災地の南三陸へ駆けつけました。


お父様はフランスのレジスタンス
お母様は女優だったそう。
熱い血と芸術家の血をしっかり受け継いでいます。


娘さんを亡くしたり、病気を抱えたり
悲しいことや辛いこともいっぱい・・・
でも、それはそっと心に閉まって
満面の輝く笑顔の表現者ジェーン・バーキン。
私にはその姿は「聖母」に見えました・・・。



Thank you Jane!





 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

スティング コンサート2017


Img_3317


6年半ぶりにスティングが来てくれました!
前回2011年はオーケストラとのコラボで
素晴らしいパフォーマンスをしてくれましたが
今回は親子コラボというちょっと面白い企画。



スティングの息子さんと、いつもリードギターを
担当しているドミニクの息子さん、そして
彼らの仲間たちが最初30分ほど演奏をして休憩。
その後スティングらメンバーが登場しました。



そんなことを知らず、時間通りに行った観客は
「えー!?」という感じでしたが、その後のスティングの
パフォーマンスは素晴らしいもので、どんどん
彼の歌声に魅了されていきます。



今回はロック回帰の構成になっていてパワフル!
65歳とは思えない歌声・肉体は衰えることなく
息子さんたちの方が体力ないんじゃない・・?
と思えるほど・・・(笑)



久しぶりのスティングのコンサート。
会場内が撮影可能だったり
照明の技術が随分進化していたり・・・。
年齢層は高めではありますが
若い方も3割ほどはいらしていて
新しいファンも掴んでいるように思います。
色々な意味で楽しめました。
 

Img_3316
                      撮影してみました・・・!
   このライティング、色々なカラーに変わり素敵でした!



往年のヒット曲もたくさんありましたが
最後のアンコールに選んだ曲は「Fragile」
実はアンコールはすでに2曲ノリノリで
「Next to you」「Every Breath You」を
バンドと共に歌い終わってました。
あえて再登場し、ラストにギター1本で
一人静かに歌ったことに思わず涙・・・。



私が想像するに、先日起こったイギリスの
マンチェスターやロンドンブリッジをはじめ
世界中で起きている悲しい、無意味な暴力に
思いを馳せての選曲かしらと・・・。



最後のアンコール曲を
それまでのノリノリの盛り上がりを
掻き消すかのように静かに終えたことに
彼の人としての優しさ・深さを改めて感じた
素晴らしい夜でした。




Fragile

    If blood will flow when flesh and steel are one
    Drying in the
colour of the evening sun
    Tomorrow’s rain will wash the stains away

    But something in our minds will always stay
    Perhaps this final act was meant
    To clinch a lifetime’s argument

   
That nothing comes from violence
    and nothing ever could

    For all those born beneath an angry star
    Lest we forget how fragile we are

   
On and on the rain will fall
    Like tears from a star like tears from a star
    On and on the rain will say
    How fragile we are how fragile we are

   

    刃に傷ついた身体から流れる血が
    夕日の色に染り乾いても

    明日の雨がそれを洗い流すだろう

   
けれども永遠に消え去ることのない何かが
    私たちの心の中に残る

    それは一生つきまとって離れない

   
暴力は何も生み出さない
    怒れる星の下に生まれたものは何もできない
    私たちがどれほど壊れやすいものかを忘れてはならない

   
いつまでもいつまでも雨は降り続けるだろう
    まるで星が涙を流しているように
    いつまでもいつまでも雨は降り続けるだろう
    どれほど私たちがもろい存在か
    どれほど私たちがもろい存在か
         
                                          (S.K.訳)








| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソール・ライター展

 

Mainvisual
 



ソール・ライターはNYの写真家。
ハーパーズ・バザーなどのファッション誌で
カメラマンとして数多くの写真を撮ります。
20年ほど活躍しますが、経営者と折り合わず
辞めてしまいます。そしてその20年後
写真集が出版され、注目が集まり
後年脚光をあびることとなりました。


今回の写真展ではファッション誌の写真から
愛妻の写真・絵画など幅広く公開されていて
その審美眼と芸術性、色彩感覚、構図など
今まで観たことのない力強さと美しさに
もう圧倒されました・・・。


図録の中から心に響いた言葉を掲載しますね。

 

5

「写真を見る人への写真家からの贈り物は、
日常で見逃されている美を時々提示することだ。」

Mainvisual2

「肝心なのは何を手に入れるかじゃなくて
何を捨てるかなんだ。」

18444728_117376395505031_8088923478

「重要なのはどこで何を見たかということでなく
どのように見たかということだ。」

4

「 誰もがモノクロの写真のみが
重要であると信じていることが不思議でたまらない。
全く馬鹿げている。美術の歴史は色彩の歴史だ。
洞窟の壁画さえ色彩が施されているというのに。」

6

「世の中すべて写真に適さぬものはない。
すべては写真だ。」 






渋谷Bunkamuraでは
ドキュメンタリー映画も公開されていて
チャーミングなキャラクターが感じられ
見応えがあります。
ぜひこの機会に稀有な才能の写真家の
作品・生き方をご覧ください。


作品展
ソールライター展 
(6月29日まで、関西巡回予定あり)

映画
「写真家ソール・ライター
急がない人生で見つけた13のこと」

(Bunkamura ル・ シネマで6月8日まで)











 

| | コメント (0) | トラックバック (0)